洗面所と壁の隙間をマスキングテープで埋める簡単・激安な水の飛び散り対策をしてみた。

我が家は4〜5年前に新築で買ったのだけど、いわゆる建売というやつで自分好みにオーダーとかしていません。
もちろん購入前に中を見せてもらったりしたんだけど、実際住んでみないと気が付かない不満とかが色々出てきまして。

 

その中のひとつが洗面所とその壁の隙間で、「なんでそこ微妙に空いてるの?!」っていう。

%name %title

配管の位置とかで仕方がなかったのかもしれないけど、これは気にしていなかった…。
毎日使う所で水も飛び散るし、隙間に入ってカビたら嫌じゃん!それに結構ホコリが溜まるポイントでもある。

で、ある日嫁さんが「マスキングテープを貼ると良いらしいよ。」と情報をくれたので、早速やってみました。
安く手に入るし、汚れたら貼り替えれば済んでしまうのでメッチャ楽!

というわけでレッツトライ!

 

スポンサーリンク

ホームセンターでマスキングテープを調達

一応自分でコーキング剤買ってきて隙間を埋めてみたりしたんだけど、所詮素人仕事。
見た目も汚ったないし、汚れも中々に蓄積されてくるのです。

%name %title

もうコーキング剥がした後だけど、壁とかに汚れが残ってしまった。

%name %title

というわけで早速ホームセンターで「塗装用」マスキングテープを調達してきました!
大体塗料とかのコーナーにあると思います。

文具コーナーのやつとどう違うのかは分からないけど、やっぱり塗装用の方が安心感があるという単純な理由で「塗装用」にしました。だってペンキを塗る時に使うくらいだから、それなりに液体の侵入を防いでくれそう(推測)

%name %title

サイズにもよるけど、大体数百円で購入できます。

%name %title

念の為、やや幅の広いタイプ(幅30cm)にしました。これで190円前後だったと思います!安い!

貼るだけ、簡単!

%name %title

早速貼ってみる。
強過ぎない粘着力なので、汚れたら「ピッ」と剥がして貼り直せばまた綺麗な姿に生まれ変わります。

%name %title

「貼りました!」感出てるけど、気にしなければ気にならない…かな?

%name %title

もう少し離れた所から見ると…まぁ良いんじゃない?!
試しに貼っただけなので、もう少し手前までしっかり貼れば完璧!

洗面所といえば拭き取りしやすいモザイクタイルが定番だけど、簡単に貼れるやつでも30cm四方で1000円前後するやつもある。広範囲にやろうと思うと結構お金かかりますな…。

それに、壁は保護されるけど結局隙間は埋まらないだろうし。
そう思えば「数百円で済むならひとまずOK」といった感じでしょうか。

 

メリット

  • 安い
  • 簡単貼るだけ
  • マスキングテープなので剥がしやすい
  • 汚れたら交換できる
  • 色味を合わせれば意外と目立たない

デメリット

  • 定期的に貼り替えが発生

手軽な応急処置としてどうぞ

「見た目を気にしない」、「貼り替えが面倒じゃないよ」という方には良いかもしれません。
まぁ完全防水とかではないと思うので、あくまで手軽な応急処置としてお試しくださいませ!

※「カビたじゃねーか!この野郎!」となってもイカんので、自己責任でお願い致します

 

【関連記事】
カビ生え放題の浴室にはいつもコレ。
頼れる青いヤツ、花王「強力カビハイター」 これでお風呂場のカビ汚れがキレイに落ちるよ!

%name %title

 

 

\読んでくださりありがとうございます!シェアして頂けると喜びます/
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA