忘年会や宴会の「一気飲み」は法律で禁止したらいいのに。断る勇気を持って自分を守るしかない。

こんにちは。とーちゃんです。

 

忘年会や宴会シーズンってのはお酒が付き物ですよねー。とーちゃんはお酒が苦手なので、シーズンが近づくと憂鬱で仕方ありません。酔ったテンションが楽しい、適量の晩酌は体に良い、美味しい料理と酒…といった個人の好き好きや、嗜好品的側面もあるのでアルコールの存在は別に否定しません。

 

しかし!忘年会や飲み会での「一気飲み」だけはマジで意味が分からん!そんなことしてどーすんのよ(怒)

 

と言うわけで今回は、一気飲み(アルコールの強要)についてのお話です。

スポンサーリンク

一気に飲み干すのがなんだって言うんだ

冒頭でも触れましたが、とーちゃんはお酒が苦手。しかし、一応会社の飲み会では上司にお酒を注いだり、お付き合い程度に少し飲んだりはします。嫌なのが、飲み会も中盤に差し掛かってくると周囲のテンションも上がり「一気だ!一気!」みたいな流れになる事。すると「あぁ、また始まった」と呆れるのと同時に、怒りも込み上げてきます。なんだよ、その流れ。「上からの評価の為に一気しとけ」みたいな事言いだす人も。厄介なのが、とーちゃんの勤めている会社のトップ達もそんなノリと言う事。

 

「場を盛り上げる為に」とか「上司からのイメージ」の為に必死に頑張っている方には申し訳ないんだけど、そういうのやめようよ…っていう。

 

最悪死に至る一気飲みの危険性

危険性っていうか、下手すると死に至ることもある。幸い死に到らなくとも、急性アルコール中毒になる危険性大です。それくらい危険な行為なんです。場のノリとか上からの評価を気にしている場合ではありません。絶対やったらダメ、強要しちゃダメな行為だと思います。

 

飲酒してから大体30分〜1時間ほどで酔いがまわってくると言われていて、一気飲みしている時点では自分も周りも「まだ酔ってないからイケるやん」とか思っちゃう可能性があるんですよね。そうして無茶した分、後になって一気に負荷が掛かって急性アルコール中毒…なんて事に。お酒の席だと、きっと周りはそんな事は気にしていないと思います。自分も周りもその危険性を理解し、事故にならない様にしなければいけません。

 

断る勇気を持つ

とはいっても「一気勝負じゃー!」とか言って飲ませてくる人とかいます。例えば入社したばかりでの飲み会なんかだと、先輩の勧めるお酒は断り辛いですよね。ひじょ〜によく分かる。しかし雰囲気に流され、一度一気飲みなんてしてしまうと次回もターゲットにされる可能性も。そこはひとつ、勇気を持って断る事。自分の身体は自分は一番よく知っているし、守らなければなりません。

とーちゃんも入社して日が浅い頃、お酒が弱いにも関わらず一気飲みしてしまった経験があります。飲んでる途中は酔ってないし、一応平気で喉は通って行ったので、自分の限界値がよく分からなかったんですよね。んで、帰りの送迎バスの中で一気に酔ってきて、頭がグワングワンするわ、冷や汗はだらだら出てくるわ…。

 

それ以来「絶対に一気飲みしない。勧められてもしない。」と決めました。コップを無理やり渡されても普通に一口飲んで置いちゃいます。「いやー、すみません。キツイっす(汗)ご馳走様です。」くらいの感じで済ませてます。というか、そもそも酒が苦手だから、飲めんもんは飲めんのだ。

 

少しでも危険を減らす為に

飲み会の時、必ず意識…というか実行している事があります。それは空腹で飲まない事。 お酒が好きな方や、そういった場面に慣れている方には分かると思いますが、空腹で飲酒するとアルコールが身体に吸収されやすく、急に酔いがまわるんですよね。なので、飲み会が始まったらまず食べる事を強くオススメします。

 

あとよくやるのは「既に酔ってしんどいフリ」とか「体調良くないフリ」。これでよく無茶振りを回避してきたものです。

 

大事に至らないと浮き彫りにならない

悲しい事に飲み会なんて個人レベルの出来事なので、一気飲み(アルコールの強要)させられる実態があったとしても誰にも気が付かれず、特に罰せられることもなく過ぎていく。そこで死人が出た段階でやっとニュースに取り上げられたり、飲ませた側にも強要罪などの法律が発動すること。(すみません、法律の詳しいことは分かりませんが、それに相当するのかな?)

 

浮き彫りになってないだけで、闇に消えていった事実はたくさんあると思うんですよね。もっと世の中全体がアルコールの強要に対してシビアになってほしいと思う。

 

おわりに

会社の飲み会だろうが、友人同士の飲み会だろうが一気飲み、それの強要は絶対NGです。もしそれを断って崩れる関係ならそれまでだ。いつもそんな気持ちで飲み会に挑みます。

時には断る勇気を持って。自分の身体は自分で守るしかないんだ。
それではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA