ANKER「Zolo Liberty」を退職する同僚にプレゼントする話

こんにちは。とーちゃんです。

 

会社の同僚が今月で退社していくのですが、ほぼ同期で苦楽を共にした仲…いうこともあって個人的に餞別を渡そうかな、と思ったんです。

予算は3000〜5000円位までの設定。何を渡そうか。菓子箱ってのも普通すぎるしなぁと思って、普段の会話から欲しそうな物をこっそりリサーチをする事に。するとどうやらワイヤレスイヤホンが気になっている様子。

 

なるほど。音楽系アイテムなら得意だぜ。と言いたいところだけど、ワイヤレスイヤホンかぁ。そこは今まで自分自身が全く興味のないカテゴリーだったので、ほぼ無知の状態から餞別のブツを探さねば。
加えて、一応僕は社内で「ギターやってたから音楽に詳しい人」みたいな感じで周知されているので「こりゃあ変な商品はチョイスできないぞ」と、ある種のプライドと軽いプレッシャーが発生しました。

 

同僚の話からリサーチ出来た事と言えば

  • 低音を重視したい
  • 左右が独立している事
  • かっこいいやつ

なんてリサーチ力が無いんだ…と思いながら物色し始めました。色々探して見ると結構種類があるもんですね。しかも聞いた事ないメーカーがズラリ。

それこそ5000円以下のやつとかゴロゴロしているけど、大丈夫なのか。それにワイヤレスで重低音重視なんて無理やろー!とか思ったり。

音質共に信頼できそうなのはBOSE辺りか。しかしこれは餞別というレベルじゃないので即却下。次第に探すのが面倒臭くなってきて「もう菓子箱にすっか」と思いました。

そんな矢先、目にスパーン!と飛び込んできたアイテムが。

 

Zolo Liberty(無印ver)

 

ん?Zolo by ANKER?あのANKERがワイヤレス出してたの?知らなかった。つい最近モバイルバッテリーも買って記事も書いたばかりじゃん。自分の中で即座に決断されました。これにしよう。

 

関連記事


 

スポンサーリンク

Zolo Libertyにした理由

ワイヤレスイヤホン無知な人間はZoko Libertyの下記の点に惹かれました。

  • 完全ワイヤレス
  • 左右分離
  • by ANKER
  • 10000円以下

もう「by ANKER」という時点で決定。音質なんかは実際に使っていないので何とも言えなけど、この際そこは諦めてもらおう。同僚よ、イコライザーでなんとか好みの音に仕上げてくれ。

今回の、餞別としてはちと予算オーバー気味だけど、謎めいたメーカーの物を渡すよりは全然良いだろうと思った。「Zolo?」ってなるかもしれんけど。見た目も中々よろしい。付属品やパッケージも粋な感じがして、プレゼントにも良さげだ。

 

という事で手元にあります。ズシッと重厚感あって良いですね。開封してしまいたい…!

ザッと中身をチェック。片方のイヤホンがブリスターに収まっていない…しかしこれ以上は開封できないので見なかった事に…

簡単にラッピングしまして。

手元から離れていきます。

 

10000円以下なら試したくなる

こうして色々調べている内に、僕も欲しくなってきました。いいなぁ。ケーブルが無いって楽そうだよね。10000円以下という価格設定も魅力。決して安い買い物ではないけど、初めての体験こそ良いモノに触れて、その良さを実感したい。そこはANKERさんだから大丈夫でしょう…!

 

そんな事を考えていると僕の中の天使と悪魔がささやいてきました。

悪魔「おい、それ自分で使っちまえよ。会社からも一応餞別出るんだろ?それで良いじゃねぇか。」
天使「自分で使って、せめて菓子箱だけでも渡せばいいさ。」

 

どちらもクズ野郎だったようです。

 

追記

なんと、ホワイトカラーが発売されていたので買ってしまいました。その美しいホワイトカラーのZolo Libertyについては記事にしてますので、よかったら覗いてやってください。

 

おわりに

贈り物やプレゼント系はケチケチせずにバシーン!といった方が気持ちが良いですね。無理の無い範囲で。

僕もZolo Liberty買ったらレビューでもしてみようかと思います。それではまた!

Zolo Liberty (Bluetooth 4.2 完全ワイヤレスイヤホン) 【最大24時間音楽再生 / Siri対応 / IPX5防水規格

新品価格
¥7,999から
(2018/1/12 14:27時点)

関連記事
「Zolo Liberty」のホワイトが登場。可愛くもエレガント。高音質でストレスフリーな完全ワイヤレスイヤホン。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA