車のヘッドライトも大掃除!レンズの曇りや黄ばみは自分で簡単に除去出来るんです。

あなたの愛車、目ヂカラ低下していませんか?

 

こんにちは。とーちゃんです。

気がつけば今年ももうすぐ終わってしまいますね。そろそろ意識し出すのは大掃除ではないでしょうか。家はもちろん、自分の愛車も洗車等するかと思いますが、ワックスをかけたり車内を綺麗にして満足していませんか?

 

いくら綺麗にしたところで、それらを一瞬で台無しにするのがヘッドライトの汚れです。ヘッドライトが曇っていたり、黄ばんでいたりしたら、いくらピカピカのボデイでも一気に古ぼけた印象に。キリッとした目(ヘッドライト)は見た目を大きく左右するんです。

 

お店に依頼すると言っても混んでるし、お金もかかる…それなら自分でやっちゃいましょう。何も難しくはありません。基本磨くだけ。磨くと言ってもやり方は色々あって、本格的にやるなら耐水ペーパーなどで削り、コンパウンドで磨いて、コーティングして…と様々ですが、普段やらない初心者の人にとってはなんか怖いじゃないですか。ペーパーで削ったりするのって。

 

そこで今回はお手軽な、専用のキットを使います。

S-86 魁 磨き塾 ラク速 ヘッドライトコンパウンド PROSTAFF プロスタッフ 試供品プレゼント ヘッドライト 黄ばみ 小キズ 透明 磨き塾 洗車用品 コンパウンド

価格:880円
(2017/11/11 06:30時点)

要はこれも研磨してコンパウンドで磨く作業と同じですが、難しく考える必要はないです。ちと根気が要りますが。持ち手が付いているので、基本握ってひたすら磨くだけ。実際に使用してみたので、簡単にみていきましょう。

 

スポンサーリンク

余計なキズを防ぐために下準備

まず下準備としてヘッドライトの汚れを落としましょう。砂埃が付いたままだと、磨き作業の段階でキズをつける原因になります。これはボディの洗車時にも同じことが言えます。まず、軽く水で表面の汚れを優しく洗い流してから、スポンジなどで洗車を始めましょう。

うっすら曇っているヘッドライト↓

 

ボディの塗装を守るマスキング作業

話が逸れましたが、ヘッドライトの汚れを落としたら、今度はレンズ周りのボディ部分をマスキングします。これはクリーナーに含まれる研磨剤などからボディの塗装を保護するためです。塗装が変色したり、削れたりするのを防ぎます。カー用品売り場に幅広のマスキングテープがあるかと思うので、それを使うと楽です。今回は時間が無くてマスキングしていない←オイ

 

ヘッドライト周りの黄色くマーカーした部分にマスキングテープを貼っていきます↓

 

ひたすら磨く、磨く、磨く

ギュッと握り締めると中から液体が出てくるのでたっぷりと塗り、あとはひたすらゴシゴシ。この時、円を描く様に動かすと磨いたキズが消えにくくなるので、一定方向に動かします(縦、横)。レンズの段差部分や、端っこの細かい部分は付属のクロスを使って磨きます。

 

少し磨いただけでクロスに汚れが↓

 

磨き終わったらレンズに付いたクリーナー剤を付属のクロスでしっかりと拭き上げます。液体が乾くと落ちにくくなるので、手早く丁寧に。レンズにクリーナーが付着したままだとムラや黄ばみの原因になります。

完成↓

 

並べてみると分りやすいですね↓

 

黄ばみの原因

ヘッドライトのレンズって、何十年も経過していないのにすぐ汚れます。まぁフロント部分ですし、日頃の汚れを直に受ける部分ではありますが、主な原因は紫外線と言われています。樹脂(ポリカーボネート)で出来ているレンズは紫外線に弱く、太陽の日差しによって劣化していきます。特に日差しの強い西向きの駐車場は劣化が早い傾向にある様です。

今住んでいる家の駐車場は西向きなんですが、1年ちょいメンテナンスしていないとすぐ黄ばんできます。以前住んでいた家は東向きの駐車場でしたが、その時と比べると明らかに劣化の早さを実感します。

 

黄ばみを防ぐには

ガレージに入れるとか、コーティングすればある程度は綺麗な状態を保ってくれるかもしれませんが、それでも樹脂で出来たヘッドライトは自然と劣化が進むので完全には防ぎようがないです。
曇りや黄ばみを放置すると、その分落とすのが大変になりますし、また、あまりにレンズが曇ったり黄ばんだりしていると光量不足で夜の運転がし辛く、大変危険です。最悪、車検に通らない可能性も出てくるので、定期的に綺麗にしましょう。

 

おわりに

やっぱり目(ヘッドライト)が綺麗になるとキリッと締まりますね。うちの車も8年落ちくらいですが、ヘッドライトを磨いた後は「まだまだカッコいいやん」と自画自賛(笑)。普段は中々ヘッドライトなんて磨かないと思いますが、ある程度は自分で簡単に曇りや黄ばみは落とせるもんです。

この機にいかがでしょうか?愛車が若返りますよ!
それではまた!

※使用するクリーナーなどの説明をよく読み、作業は自己責任でお願い致します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA