外や街中でカメラを構える・撮るのが少し気恥ずかしい問題

ちっぽけな事で悩んでいます。
宇宙規模で考えたらチリにもならない様なくだらない悩み。
それは、

 

「外でカメラを構えたり、撮ったりするのが少し恥ずかしい」問題。

 

機動力を上げるためにコンデジのSONY RX100を買ったんですよ。バリバリ写真撮ってる予定だったんですわ。


でもいざ家の外でカメラを構えるとどこか気恥ずかしい。人目が気になるというか。周りに人がいないのに人目が気になったりもする。病んでるのかもしれない。

 

若い男女ならなんとなく良いじゃないですか、「あー、インスタ撮ってるのか」ぐらいで済まされそうで。これが少しおっさんになった途端、周囲の目は

 

「あの人何撮ってるの?(ヒソヒソ)」
「あのおじさんJKでも撮ってるんじゃない?(ヒソヒソ)」

 

に変わり、変な目で見られていないか気になってしまう。
完全に被害妄想である。

 

スポンサーリンク

余計な事を考えすぎて、撮りたいけど撮れないもどかしさ

なんの変哲も無い風景でも撮りたくなる時があるんです。その瞬間の雰囲気というか、突然「撮りたい」スイッチ入りません?

そういう場合、大抵屋外なのですが「どこかの家を盗撮してると思われたらどうしよう」「ベランダの下着でも撮ってると思われたらどうしよう」とか思ってしまい、中々シャッターが切れない。というか、カメラを出して構えるにも達しない。
「良い景色だわ(撮りてぇぇぇ)」って心の中で感動して終わり。カメラが泣いておる。

 

「撮りたい」ってなっても人が多いと躊躇してしまう。微妙な人の多さでも同じ。人がいようがいまいが同じ。
そんな僕でもたまに「会心の一撃」の如く勇気が出る時があって、カメラを構える時がある。でも長くは続かずに1枚、2枚パシャパシャ撮って、スッとカメラをしまう。本当はじっくり納得のいくまで撮りたいけど、あとでプレビュー見てみるとガッカリするパターン。

あぁ、納得いくまで撮っておくんだった…。ある種のトランス状態に達しないと撮り続けられないのだ。

 

お店の写真撮影はいつも緊張しながら

事前に「絶対撮るぞ!」と決めてお洒落なカフェなんかに行く場合は緊張こそするものの、まだ撮りやすい。ある種の覚悟があるというか。一応お店の方に「写真撮って良いですか?」と、いつも確認はしてたりして。ライバル店などに知られたくない情報もあるかもしれないし。

 

下の写真はよく行く好きな雑貨屋さん。「写真、撮っていいですか?」の一言を聞くだけなのに、物凄く緊張した。なんかほら、雑誌の取材とかと思われても嫌じゃん。僕はただブログやSNS用に軽く撮りたいだけなんです。

 

少し前に行ったカフェ&雑貨屋で撮影の確認をした際は「どうぞどうぞ。よろしくお願いします。」と返答が来て少し驚いた。オープンしたばかりのお店だったので、ネットやSNSなどでの宣伝効果を期待するパターンもあるのかもしれない。と、思ってみたり。

関連記事→「岐阜市にある「Le Point Rouge(ル ポワン ルージュ)」でモーニングを頂いて来ました。」

 

こちらのお店も快く撮影を許可してくださって、更に「団子の焼き目が付いてる方が良いでしょ?」と、わざわざ撮影様に良い感じの焼き目を付けてくれた。あぁぁ、嬉しい…。

関連記事→岐阜市川原町周辺と古い町並みをお散歩&「緑水庵」の出来立てほやほやのお団子が絶品。

 

「写真撮って良いですか?」と尋ねると、店主が「ええよ、ええよ。店の中も、なんなら外側もグルっと撮って」なんていうパターンもありました。ありがとうございます。

関連記事→岐阜県各務原市にある「ギャラリー&カフェ204」でティータイム!隠れ家的な雰囲気に癒されました!

 

勇気を出して聞いてみると、結構暖かなご回答を頂く事が多く、嬉しい限りです。
でもたまに店員さん同士で「撮らせて良いのかな?」とかやりとりし始めると、こちらも一気に緊張が高まる。
顔面、手、腋汗がだっらだら。

 

ちなみにファーストフードやチェーン展開しているお店さんの料理などは、どこへ行ってもほぼ同じメニューとクオリティーの物を提供してくれるので、他の方の迷惑にならない様にササッと撮ってしまいます(ごめんなさい)。回転率がものをいうファーストフード店で、いちいち「撮って良いですか?」なんて聞いてたらむしろ邪魔臭いと思われると思って。

いや、なんかもう、あれこれ考え過ぎか。

 

素早く納得のいく写真を撮るために

じっくり撮れない場面で、いかに素早く写真を撮り、かつ納得できる写真をゲットするか。そのためには、ある程度自分の中で構図等のパターンを決めておこうと思いました。料理ならこう、景色ならこう…みたいな。そうすれば面白みには欠けるかもしれないけど、最低限の写真は撮れると思って。

 

初心者の僕が、考えも無しに初見の被写体を前にすると、あれこれ悩み始めて沼にハマる気がする。という訳でお決まりのパターンを用意しよう。事前に撮りたい物が決まっているなら、ある程度頭の中で「こう撮るぞ」と、シミュレーションしてから出かけるのも良いかな。

 

露出、ホワイトバランスなど周囲の環境に左右される要素は、色々な条件下で撮りまくって経験を積んでいくしかないと思う。特に、明るさや天候が刻々と変化する屋外は、瞬時に適切な設定を導きだせる様になっておきたいと思った。

 

結局のところ自意識過剰かもしれない

人前、外でカメラを構える・撮るのが恥ずかしい。こういった悩みを持っている人が他にもいると思って、ネットで色々検索してたんですが、それは結局のところ周りの目を気にし過ぎというか、自意識過剰というか。「こう思われているんじゃないか」と勝手に思い込んでいるんですよね。

 

でも思った以上に見られてないもんですよ。自分って。街やお店でハナクソほじってる人見ても「あ、ハナクソほじってる」くらいに思って終わりでしょ?というか、それすら気がつかないかも。カメラもそう。日常的行為なんです。堂々といこう。おかしい事じゃありません。そう言い聞かせてみる事にします。

 

ただ、ローアングルの撮影は場所を選びたいですね。なんかマズい事と勘違いされそうな気がする。

おわりに

常にカメラを持ち歩いてどんどん撮ろう。心に耐久性をつけよう。「自分が思っている以上に他人は自分に興味がないのだ」と思ってみよう。

今日はそんな事を考えた日でした。おしまい。

 

関連記事
マンガ形式でスラっと読める「カメラはじめます!」が初心者入門書の一冊目として超オススメ!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA