より犬らしくなった新型「aibo(アイボ)」。こんな愛おしいロボット、見たことないぞ。

※2017年11月8日追記
2017年11月1日に予約開始→即完売しましたが、11月11日AM11:01より予約再開との事。(発売は2018年1月11日予定)


 

こんにちは。とーちゃんです。

 

どうですか、SONYの新型「aibo(アイボ)」ちゃん。

「aibo」公式サイト様より引用

もうね「ちゃん」付けしたくなる程カワイイ。巷ではそのリアルなルックスに賛否が別れているようですが、私はこのルックス好きですよ。いい歳したおっさんがキューンとしました。足の裏の肉球とか…ハァハァ。動画とか見てると仕草もキュート。欲しいなー。でもリアル過ぎて、数年前亡くした愛犬を思い出してしまい、少し悲しい気持ちになってしまった。

 

そんなアイボですが、過去にも何種類か発売されていたんですね。初代のカクカクっとしたタイプしかイメージになくて、それ以降のモデルの存在を今回初めて知りました。中にはいかにもサイバーロボ感満載のモデルや、思いっきりマスコットキャラ風にシフトしたモデルなどなど…振れ幅がデカイ(笑)

 

今回の新型「aibo(アイボ)」はまさに「犬」ですね。
でも、実際ロボット犬を買ったとして何をするんだろうか?個人的に気になっている、新型「aibo(アイボ)」ちゃんの生態をいくつかまとめてみました。

 

スポンサーリンク

新型「aibo(アイボ)」はこんな犬

愛おしい体つき

丸みを帯びたフォルム、足の裏、尻尾…可愛い。特にお腹、背中、お尻周りの丸みなんて最高じゃないですか?過去モデルから一気に本物っぽくシフトしてきました。正直昔のアイボって「ロボじゃん」って感じだったんです(オーナー様すみません)。これは見た瞬間やられた。これなら買ってみたいと思った。これもロボだって?うん、まぁそうですけど…。

 

私を覚えてくれる眼

誰が誰なのか、覚えるらしいです。公式サイトのQ&Aだと約100人程だそう。眼(カメラ)で認識した顔をデータとして記憶し、人の顔を見るたびにそのデータと照合するのかな?その眼にはカメラ機能も搭載し、「撮って」とお願いすると撮影してくれる。アイボ自身の意思で、勝手に撮る事もあるんだろうか?そうだったら凄いよね。

さらに、歩き回って空間も認識するとのことで、段差で止まったり、障害物を避けたりと行動を判断できる様です。賢い!

 

呼びかけに反応してくれる耳

どこで音が鳴っているのかが分かり、声のした方に反応してくれるそうです。呼びかけて、気がついてくれると「ただ機械的に動いているロボット」って感じがしなくて良いですよね。

 

人とふれあい成長していく

育て方、接し方によって性格が変わっていき、ポーズや動きなども覚えてくれるんだって。全て決まったパターンで動くのではなく、アイボ自身の意思で行動するのでコミュニケーションし甲斐がありますよね。

 

感情も持っている?

頭、あご、背中を撫でると喜ぶらしいですよ。優しくしてくれる人には近寄ってきたりして、人によって行動が変わるとのこと。ロボットに嫌われたらショックだな。いたずらもするらしいんですが、公式サイトのどこかでオシッコをひっかける動作をしていたけど、それかな?(笑)

 

いかがでしょう。文章で伝えるのはイマイチ下手なので、是非公式サイトで動いてる様子を観て欲しい!キューーンってなるから。

「aibo」公式サイト様より引用

 

アイボの葬式も存在するらしい

なんと!アイボの葬式なんてものがあるらしいじゃないですか(司会進行もロボット)。まぁロボとはいえ、愛着湧いちゃったら気持ちは分からんでもない。「犬型」ってのが余計にね。特にこの新型なんてより「犬」だし、それぞれ違う性格に育ってきてる訳でしょ?その時が来たらしっかりお別れしたくなるもの分かる気がする。

 

スタミナは少なめ?

公式サイトによると連続稼働時間は2時間で、充電3時間とのこと。2時間かぁ〜。1日の空いた時間に、少しふれあうには充分な時間なのかな?成長の為に、常に色んなシステムを動かしたり、滑らかな動きをする為にはパワーが必要なのでしょうね。

無茶な希望としては、常に動き回り、寄り添って来たり、昼寝したり、「生活」してて欲しい。バッテリーが少なくなったら、小屋の形をした充電ドックに「お昼寝」と称して自ら充電しに行ったら凄いよね。

 

おわりに

いやー、色々と妄想が膨らみますね。実際に購入していないのでなんとも言えないですが、このルックス・動作はやっぱり反則的可愛さ。現状では買わない(正確には買えない)と思うけど、将来もっと身近な価格になったら検討したいな。

 

来年は戌年という事もあるし、ご家庭に1台…いや、1匹いかがですか?
以上、SONYの新型「aibo(アイボ)ちゃんでした!
それではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA