第5回「ヤマザキ パン・ド・ミ」

こんにちは。

食パン記第5回でございます。

 

今回は見慣れないパッケージと商品名に惹かれて買ってみました。
パ…パ…パン・ド・ミ??

 

何それ(‘_’?)

 

調べてみたら「パン・ド・ミ(mie)」のミ(mie)はフランス語で中身のことだそうな。
食パンの中身=クラムということですな。白い部分。

 

ふ~ん、となったところで感想いきましょうか。

 

「ヤマザキ パン・ド・ミ」
6枚切り程の厚みで、やや小ぶりなパンが4枚入り。ちょこん、として可愛らしい外観///
成分とか見たかったけど、また公式サイトに載ってないや;

 

まず袋を開けると麦芽的な香りがブワッと飛び出す。
クラムは若干茶色っぽいですね。触った感触もふんわりしてて美味しいそう。
期待感が高まる。

 

耳から。
結構しっとり!パサパサ感がなくて食べやすかったです。

 

クラムは空気感たっぷり。もちっとした感じではなくふわんふわんです。…。

(´~`)モグモグ

 

ひょぉぉぉー、しょっぺーーー?!

 

しょっぱいという表現はおかしいかもしれない…けど、塩分摂り過ぎて上顎の皮がヒリヒリするのと同じ状態になってしまった(笑)

 

もちろん柔らかくて美味しいですよ。麦芽の風味もして香ばしいし。でも僕にはしょっぱい(?)印象方が強いです><

もしかしてトーストした方がいいかな?と思って後日トーストしてみました。
結構カリっとしてて、しょっぱい感じは若干薄れたような。
上顎痛くなってるのにカリっとトーストしたら更に痛…

MAX5
クラム(白い部分)の柔らかさ ★★★☆☆
クラスト(耳)の柔らかさ   ★★☆☆☆
パサつき度           ☆☆☆☆☆
甘み              ☆☆☆☆☆
苦み              ☆☆☆☆

 

小ぶりでカワイイ見た目だから「ふんわり、甘めな食パンだろうな♪」と想像してたので、ちょっとビックリ。
もう一回食べてみた方がいいかも。また違った印象になるかもしれない(゚^ ゚ 😉

 

以上、「ヤマザキ パン・ド・ミ」でした。
見かけたらお試しあれ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA