【WordPress】公開前の記事(プレビュー)を他の誰かとシェアできる便利プラグイン「Public Post Preview」

%name %title

WordPressで書いた公開前のブログ記事を、自分以外の誰かに見せる or 確認してもらわないといけない時、どうしましょう。

ありがたいことに、最近企業様からレビュー依頼をいただく機会が少し増えてきまして、記事が完成した後は公開前に一度先方に確認してもらいんですよね。

その相手がすぐ隣にいれば直接画面を見てもらうこともできますが、相手が離れた場所にいる場合だとそうはいきません。そんな時に便利なのが「Public Post Preview」というプラグイン。

簡単に説明すると、シェア用のURLを生成し、そのURLにアクセスするとプレビュー画面が表示されるというものです。これで遠くにいる相手にも、URLを伝えるだけで公開前の記事を確認してもらうことが可能になります。これは地味に便利。

 

スポンサーリンク

「Public Post Preview」のインストール・使い方

%name %title

プラグインの検索で「Public Post Preview」と入力すると同名のものが出てくるので、それをインストール→有効にするだけ。インストール後の設定などは基本的にはありません。

%name %title

使い方も非常に簡単。新規で記事を書き始めた状態だと、右上の「公開」欄は普段と変わりないのですが、

%name %title

いったん「下書きとして保存」をすると、「外部確認を許可する」という項目が現れます。その下にURLが発行されているので、それを相手に教えれば公開前の記事でもプレビューとしてシェアできるようになります。

%name %title

生成されたURLを検索窓に貼り付けアクセスし、実際にプレビューした画面です。変に改変されるとかもなく、バッチリ表示されます。双方で内容を確認しあってから投稿したい場合などに便利ですね。

スポンサーリンク

生成したURLには有効期限があるので注意

この「Public Post Preview」で生成したURLですが、有効期限があるらしく、48時間の設定となっているようです。プラグインの設定項目がないので変更できないように見えますが、「PHPを弄る」or「Public Post Preview Configuratorというプラグインを使う」の、2パターンでその有効期限を変更できるようです。

PHPの編集は詳しい方々がネットにアップしてくださっていますので「Public Post Preview 期間」などで検索してみてください。「PHP触りたくないよ」という方はプラグインで対応すると良いと思います。僕は今のところ初期設定のままです。

おわりに

という感じで、とっても簡単に使える「Public Post Preview」、試してみてくださーい。

 

\読んでくださりありがとうございます!シェアして頂けると喜びます/
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA