【超簡単】Windows10で自動更新(Windows Update)を無効にする方法。

Windows Updateというありがたい機能により、常に最新状態へと自動更新されるwindows10さん。そんな10さんですが、その自動更新内容が会社等で運用しているソフトやアプリケーション、基幹システム的なものに影響が出るケースも。

 

そこまで詳しくないので細かい説明は省きますが、要は「アップデートの内容と相性が悪くて、運用しているそれらが動かなっちゃいます」って感じで。じゃあ自動更新しないようにしよう!ってなる訳ですがWindows10って、以前のOSの様に設定画面からチョチョイっという風にはいきません。ちょっと奥の方へ入り込んで設定する必要があります。(僕はこの方法しか知らない)
ある程度PC触る人なら問題ないですが、初心者気味の人には少しややこしい部分も。

 

という訳でサクっとWindows10の自動更新を停止する手順を説明します。が、セキュリティー面などを考えると、マイクロソフト様に従ってちゃんと更新してある方が良いと思うので、ここからは自己責任でお願いします。手順は簡単簡単。ではどうぞ。

 

スポンサーリンク

グループエディット画面を開こう

まずは左下にある、Windowsマーク(旗みたいなやつ)の上にカーソルを持っていき、そこで右クリックします。すると縦にズラズラっと項目が出てくるので、「ファイル名を指定して実行(R)」を選択します。

 

次に何やら入力する箇所があるので、そこにgpedit.mscと入力し、OKをクリック。

 

数クリックすればすぐ設定完了

別のウィンドウが立ち上がるので、上からちょい下辺り「コンピューターの構成」の中の「管理用テンプレート」をクリックします。するとフォルダ的なものが出てきて、一番上にある「Windowsコンポーネント」をダブルクリック。

 

更にズラズラっと表示されるので、そこから「Windows Update」をダブルクリック。(名前順に並んでいると思うので見つけやすい)

 

その中の「自動更新を構成する」をダブルクリック。あと一息。

 

左の方に未構成/有効/無効とチェックボックスがあるので、無効にチェック。右下の適用をクリック→OKで終了です。

お疲れ様でした!以上です。

 

おわりに

冒頭と同じ様な事言ってしまいますが、自己責任でお願い致します。一応、開発元であるメーカー(マイクロソフト)のアップデートを適用していくのが無難と思ってますので。僕の勤務先でも自動更新がかかると、会社のシステム的なものに影響が出る時が時々あります。最悪、それで業務が止まる時も。んでシステム会社に来てもらって直してもらって…みたいな。いちいちそんな事やってられんですからね。システム会社の人も「たまに更新内容がクソな時ありますからねー!」とか言っちゃう。

なので、同じ様に「会社の業務に支障をきたして困る!自動更新はごめんだ!」という方だけ今回紹介した方法をお試しください。ちなみに会社にある複数のPC達は、どうしても動いてないと困る機体だけ自動更新を無効にして、あとはフツーに更新かかる感じにしています。

また、ちょっと別の応急処置として、互換モードでアプリケーションを動かす方法もあるのでこちらもお試しあれ。(まず互換モード試した方がいいかも?それで動いたらラッキー。)
過去記事

 

それでは健闘を祈ります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA