機種変ついでにピタットプランに変更!iPhone8やXよりSEに魅力を感じたワケとは

こんにちは。とーちゃんです。

 

2017年9月22日よりiPhoneでもauのピタットプランが利用できるようになりましたね。早速週末、機種変更を兼ねてショップへ行ってきました。仕事帰りの為、18:30頃店到着。その日は丁度iPhone8の発売日で、店内は混み合っているだろう…と思いきや3~4組程のお客さん。ちょっと拍子抜け。予約券を握りしめ待つ。

 

10分程待った頃「先に予約の入ってるお客さんの手続きで時間がかかるから、後日改めて…」的な内容を告げられる。iPhone8の発売に伴い営業時間を21:00まで延長していた様ですが、時間一杯かかっちゃうんだね。楽しみにしてたけど、仕方がない。ショップの皆様、お疲れ様です。…という事で後日、無事に機種変更とプラン変更を済ませてきました。

 

さて、このピタットプラン。ざっくり言うと使った分に応じて段階的に料金が高くなっていく、というもの。とーちゃんは今まで使用していたiPhone6にしてから2年間、データ使用量が毎月1GBを越えたことがないので『ピタットプラン「スーパーカケホ」※24時間 国内通話は1回5分以内かけ放題にプラン変更としました。

 

通話はほぼLINEなので、本当はピタットプランの「シンプル(無料通話無し、話した分だけ請求)」にする予定でしたが、どうやら「シンプル」だとauスマートバリュー(月¥500程の割引)適用されないらしい。「シンプル」より毎月¥500高い「スーパーカケホ」からはauスマートバリューが適用されるんだけど、そうするとauスマートバリューの割引のおかげで結局「シンプル」と変わらない金額になるので、「スーパーカケホ」にしました。

 

機種代金+『ピタットプラン「スーパーカケホ」』で大体下記の金額に↓

  • 端末代金¥2250(24回分割)
  • 月のデータ使用量が1GBまでの場合の金額
  • ビッグニュースキャンペーン加入
  • auスマートパス加入 月¥372(iPhoneの修理代金を最大¥10000サポートしてくれるのでAppleCareには入らず)
  • 端末は手元に残しておきたいので、アップグレードプラグラムは未加入
  • 端末の下取りは無し

 


【ピタットプランについてMEMO】

  • 現在auを使っている人は機種購入(機種変更)しなくても、プランのみ変更可能
  • 料金表などの金額は最初の一年間のみ(※)それを過ぎると高くなるケースも。
    ※ビッグニュースキャンペーン(月-¥1,080)を適用した場合、割引が一年間しか適用されない為
  • 最も安く表示されている料金は、各種割引条件を満たした場合の料金だ
  • アップグレードプログラムは次回機種変更時に、使っていた端末をauへ返却しなければならない
  • auスマートバリュー(月–¥500)は、ピタットプラン(シンプル)には適用されない
  • auスマートパスやテザリングオプションをつけると¥1000弱、高くなる。オプションつけようとすると、結構高くなる印象

 

※もしかすると間違い等あるかもしれません。詳しくはお近くのショップにてお問い合わせください。


スポンサーリンク

スマートフォンはやはり”スマート”であってほしい

さて、今回機種変更に選んだ端末は「iPhone SE」。iPhone6からの乗り換えです。なぜ今話題沸騰中のiPhone8にしなかったのか。今更もいいとこですが、「SE」に魅力を感じた点を幾つか↓

  • 片手ですっぽり覆えるサイズ感、取り回しの良さ
  • 親指がホームアイコン一番上まで楽々届く
  • ポケットに入れてもそこまで邪魔にならない
  • ”モノ”としての存在感、所有感
  • 角ばっているのが良い。(6以降の丸みを帯びた外観が苦手だった)

などに魅力を感じた訳ですが、これは他でもよく言われている事ですよね。好きな人は好きという。

 

とーちゃんの初スマホはSHARP IS03(3.5インチ)。そこからHTC J ISW13HT(4.3インチ)GALAXY Note2(5.5インチ)AQUOS PAD SH06F(7インチ)と、インチアップがエスカレート。5.5インチは今となっては当たり前ですが、7インチを”携帯電話”として持ち歩くのはちょっとやり過ぎでした。それ以降大きな画面に嫌気が差し、iPhone6へインチダウンするも、意外と取り回しが悪く感じていました。じゃあ更に小型で、かつ小さ過ぎない4インチ程度で最強の端末と言ったら。もうiPhone SEしか思いつきませんでした。

歴代端末たち

 

iPhone SEはスマホの行く末を示している?

今や次々と新しいスマホ達が発売されますが、技術的にはある所まで成熟しきっていると思うんですよね。今発売されているどの端末を手にとっても、数年前とは比べものにならない高性能だと思うし、普通に使用する分には何ら不便はないと思う。画面・端末の大型化に伴い、そこへ様々な技術が詰め込まれてきた訳ですが、この先はこうして成長してきた技術をいかに小さくコンパクトにできるか…という方向性もあると思うんですよね。

 

極端な話、数年後はスマホなんてスタイルも無くなってるかもしれないし(笑)とにかく、今まで培った技術を一旦コンパクトに凝縮出来たという点で「SE」はスマートデバイスの行先を示している様な気がして。今のトレンドに逆行している姿に、一番魅力を感じてしまったのでした。

 

み、見た目でiPhone SEを選択した言い訳じゃないですよ。多分。ボソボソ。

 

久々の小型端末。やっぱり手に馴染む

身体と一体化する様なフィット感。パンツのポケットやカバンにスッと入り込むスマートさ。それでいて見た目もカッコ良くて高性能。良いじゃないの、これ。カワイイ小さなボディーは、ずっと側に置いておきたい愛おしさがあります。

以前レビューしたMac Book Airのキーボードカバーともマッチしてて◎。

ただ、「家にPCを持っていない」「ゲーム・動画はスマホメイン」という人には、かなり物足りないと思います。自宅ではPC、タブレットメイン。外出時に電話、ちょっとした調べ物、音楽プレーヤー…と言った用途なら最高の相棒になってくれるかと。

 

気になる点を一つだけ挙げると、iPhone6に比べ、iPhone SEのディスプレイが黄ばんで見えること。貼ってある保護フィルムの質にもよるかもしれないし、個体差かもしれない。ディスプレイ性能は5/5sと変わらない様なので、仕方がないのかもしれませんね。

 

おわりに

実は今回iPhone SEへ機種変更するにあたり、2~3軒ショップを回ったんですがどこのお店も「iPhone SEの在庫は少ない」と言われました。まぁ発売からそこそこ経過してますからね。

希望するカラー×容量の在庫が無いとか、次回入荷も見込みがないと言われ、そう言われると余計に欲しくなったり。キャリアでiPhone SEを購入したいと思っている方は、一応ショップに在庫確認してから出向いた方が良いかと思います。
(appleストアでは2017年9月末現在、各カラー・容量共に在庫ありとなっています)

 

以上、「iPhone SEへの愛を語る」でした。←オイ
それではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA