家族旅行 in 大阪で心斎橋〜道頓堀周を散策。平日とは思えない人の多さと活気で超エネルギッシュな街だった。

「活気」「元気」「パワー」と言った言葉が似合う街、大阪。そんな大阪は道頓堀へ行ってきた。

とにかく印象的だったのは「外国人が多い」という事。すれ違う人や、後ろを歩く人達から聞こえる会話から日本語が聞けたのは極わずか。そして平日だと言うのに人が多い。いつもこんな感じなのだろうか。非日常的で、軽く異国に居るような錯覚さえ覚えた。そんな心斎橋〜道頓堀周辺を写真と共に綴っていく。

スポンサーリンク

暑い、アツい大阪。

前日にUSJを満喫した後だったのでユニバーサルシティから大阪へ行き、そこから乗り換えで心斎橋まで向かう事に。

途中、ルクア大阪内で見かけたジェラート(?)屋さん「GROM(グロム)。オシャレな雰囲気と、移動で暑かったので吸い込まれる様に入店。フレーバーを2種類選ぶのだけど、僕はレモン×ヨーグルトにした。スッキリとした爽快感抜群のレモンに、少々酸味の効きいたヨーグルト。だけどヨーグルトのまろやかさが酸味を程よく中和させて絶妙な味わい。嫁さんはバチョ(チョコ系)×バニラ。チョコの方にはヘーゼルナッツが入っていて、ココアの様な優しい口当たりが非常に美味かった。バニラもコクがあり、リッチな味わい。色々な組み合わせでまた食べて見たいけど、地元にお店が無いのが悔やまれる。

CRYSTA地下街から地上に出るとanelloの本社ビルが見えた。

あの「グリコの看板」へ向かうには、鏡張りのド派手なUNIQLOから南へ向かって歩こう。この商店街、もしかしたら地元の祭りより人が多いかもしれない。

賑やかな商店街のメインストリートから少し脇道を覗くと動と静を感じられて、そのギャップも良い。

「GREEN BAR」というお店が気になった。が、少し前に大阪駅でジェラートを食べたのでお預け。外から雰囲気だけ楽しんだ。

途中、嫁さんが食べたいと言っていたパブロで「パブロチーズタルト」を購入。しっかりとしたパイ生地に、ふわとろでクリーミーな中身のチーズ。上にコーティングされた柑橘系っぽいソースが丁度良いさっぱり感を与えていてバランスが絶妙。シンプルなんだけど、これは良いな。

しばらく歩くと、ついにグリコの看板がお目見え。昔来た時は夜で、色々なお店の呼び込みが激しかった。この日は観光客っぽい感じの人が多く、並んで記念撮影をしたり、一眼を抱えてガチで撮っている人がいたりで、人は多いものの穏やかな空気だった。

道頓堀川。賑やかだけど、どこか哀愁も感じる。京都の様な「和」とはまた違った日本を象徴している街だと思う。生き生きとして活気に溢れていて。悩み事なんて全てに吹き飛んでしまいそう。

食の誘惑、道頓堀。

橋を渡って左に折れると、そこからは食の誘惑が半端ない。それこそお祭りに来ているかの様だ。そして大阪と言えばたこ焼き。1日に一体何個作るんだろう。「くくる」のベーコンチーズ入りと、大ダコ入りが美味しかった。行列になっているのも頷ける。

あとTwitterのフォロワーさんの記事でオススメされていた「十八番」のたこ焼きも食べた。頼んだ「おはこ」は3種の味×各4つ、計12個入りの欲張りなセット。特に塩味が好き。程よい塩加減が素材の味を引き出している感じがして、シンプルながらも奥の深い味わい。たこ焼きで塩って珍しいよね。

やまちさん、たこ焼き情報ありがとうございました!

やまちさんのブログはコチラ→「 選びながら生きていく☆」
子育てや、生活の知恵、美容関係について「ママ」目線で発信しておられます。これからママになる人、そうでない人にもオススメの情報満載!また、ネイリストとしても活動していらっしゃるようで、美しいネイルの画像は必見です。

エオルゼアカフェ OSAKA

更に歩いていくと「ドラゴンボウル」というお店の横に「パセラリゾーツ」というビルが。そこの4階にある「エオルゼアカフェ」。どんなカフェかと言うと、オンラインゲーム「ファイルファンタジー14 エオルゼア」のファン向けカフェである。ウチは夫婦揃ってプレイヤーの為、是非一度行ってみたいと思っていた。凄いオーラを放っていて、扉を開けるのに緊張した。雰囲気がヤバかった。

しかし店員さんは優しく丁寧だったので緊張はすぐに溶けた。簡単に説明を受けた後、席へ。平日の昼間という事もあってか他のお客さんは2〜3組程で、店内は落ち着いた雰囲気だった。休日などはプレイヤー同士のオフ会の会場としても利用されるので、その雰囲気も体験してみたかった。

料理は結構美味いのに、めちゃくちゃ高くもなくて良かった。予習をせずに行った為、値段にビクビクしていたのでホッとした。しかし結局グッズ売り場で散財して、店を後にした。

バイバイ、大阪。

そろそろ電車の時間なので、歩いて来た道を引き返す。来た時より、人も少し増えた気がする。この生き生きとした、賑やかな街ともお別れか。数時間しか滞在したいないのに物凄く寂しい気分になった。人の多さと、外国人の多さ、華やかさがテーマパークにも通ずる非日常感を与えてくれるからかもしれない。

バイバイ、大阪。

締めはやっぱりコレだよね。

 

GROM(グロム)
<住所>
大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号LUCUA B1
<TEL>
06-6151-1206
<営業時間>
10:00-23:00

たこ家道頓堀くくる本店
<住所>
大阪市中央区道頓堀1-10-5 白亜ビル1階
<TEL>
06-6121-7381
<営業時間>
・月~金 12:00~23:00
・土 11:00~23:00
・日祝 11:00~22:00

たこ焼き 十八番
<住所>
大阪市中央区道頓堀1-7-21 中座くいだおれビル1階
<TEL>
06-6211-3118
<営業時間>
11:00-21:00

エオルゼアカフェ in OSAKA
<住所>
大阪府大阪市中央区道頓堀1-4-27パセラリゾーツ なんば道頓堀店 4F
<TEL>
0120-738-759(エオルゼアカフェ直通)
<営業時間>
11:30~22:00

 

関連記事
子ども連れでUSJに行くなら「ホテルユニバーサルポート」がオススメ!「WAKU WAKUワンダールーム」での宿泊が快適過ぎた。

USJのアメリカンな街並みは歩いているだけで楽しい。絶叫アトラクションが苦手な人は「見て・撮って」1日を過ごすのも良いと思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA