『となりのトトロ』に登場する「サツキとメイの家」を見てきた! in 愛・地球博記念公園(モリコロパーク)

先日IKEA長久手へ行ってきたんだけど、折角ならすぐお隣(というか6号線挟んですぐ南側)にある愛・地球博記念公園(モリコロパーク)へ寄っていこうって事で行ってきました!

ノープランでフラッと立ち寄った訳ですが、大のジブリファンである嫁さんのリクエストで「サツキとメイの家」を見に行くことに決定。

 

ご存知ジブリアニメ『となりのトトロ』に登場する、サツキとメイ達が暮らす家を忠実に再現しており「あ〜、こんなシーンあったねぇ」と、トトロを数回しか見ていない僕でも楽しめました!
昔懐かしい家屋の再現度も素晴らしく、短い時間だったけど時代がタイムスリップしたような感覚に。

 

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)自体もメチャクチャ広くて、緑もいっぱい。超歩いた!
時間の都合で全てを体験する事は出来ませんでしたが、その時の様子を写真と共にお届けします。
それではどうぞ!

スポンサーリンク

広過ぎる!愛・地球博記念公園(モリコロパーク)をひたすら歩く

午後から行ったんだけど、そんなに混雑してなくて、駐車場もすんなり空きが。リニモ駅(愛知県立大学前)からダイレクト。今回は車での移動でしたが、リニモを上手く活用すればIKEA長久手やイオン長久手、トヨタ博物館まで移動するのに便利そう。

 

北口駐車場から「サツキとメイの家」を目指します。近道を歩いて20分らしいんだけど、近道を知らずに「花の広場」〜「西口休憩所」を経由して歩いた僕たちは普通に遠回りしていた…!西口駐車場からだと歩いて10分らしいので、そっちに車を停めるのもアリ。公式サイトに近道について記載があるので、事前に確認しておく事をオススメします。

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)公式サイトでCHECK!

 

ちなみに無料バスが園内を巡回していますが、歩きで行くのと、バスの到着時間を待ってなんやかんやしている時間を比べてもそこまで時間的差は無いと思うので、子供連れの方や暑い日なんかはバスでの移動が絶対にオススメ!とにかく広いので、夏は過酷と言えるレベル。

 

大人も子供も帽子は必須アイテム!水分も充分に用意しよう。

 

これは愛・地球博記念館。「愛・地球博」が開催されたのは2005年。今から10年以上も前なのね…。

 

広くて綺麗に舗装された道は、春や秋の散歩が捗りそうです。

 

「花の広場」辺りまで来ました。嫁さん曰く、今まで行った公園系で一番好きだそうです。

 

東海地方に住んでる人にはおなじみ、「スガキヤ」を発見!ソフトクリーム(ミニ)が100円なんですが、結構量があって牛乳感たっぷりで美味しい。五目ご飯も美味しいよね〜。県外から訪れてスガキヤを知らない人は寄ってみてください。

 

地面から噴き出している噴水エリアで子供達が遊んでいました。夏場は着替えとサンダルなんかを持ってくると良いかも。

 

「日本庭園」付近まで来たら「サツキとメイの家」まであと少し!

ひたすら歩いている。

 

「日本庭園」付近まで来ました。「サツキとメイの家」はもう少し先です。”受付所”まであと少し!ハァハァ。これはねー、散歩が目的じゃなければマジで近道から行った方が良いです。それか、バスで日本庭園まで来ちゃうとか。

 

徐々に和風になってきました。

 

 

茶室「香流亭」。今回は立ち寄れませんでしたが、良さげな雰囲気で、今度行ってみたい所。

 

 

画像がないけど、「サツキとメイの家」の受付所に到着!
料金は大人510円、4歳以上中学生以下は250円です。「サツキとメイの家」はツアー制での観覧で、受付を済ませた後ガイドさんによる簡単な説明を聞きます。その後集まったメンバーで「サツキとメイの家」まで移動です(5分くらいかな?)。中はエアコンなしの飲食禁止なので、今の内に水分補給しておきましょう。受付所にも自販機があります。

ツアーのタイムスケジュールですが、平日は10:00、土日祝・夏休み期間は9:30から開始の30分刻み。1ツアーあたりの人数が多いと(?)その中でA組B組の二手に別れ、30分の内前半15分はA組が家の中を見学→その間B組は外で写真撮影などの時間…ってな感じになります(家の中では撮影不可。家の外からならOK)

『となりのトトロ』の名シーンが蘇る「サツキとメイの家」

赤い屋根が印象的な「サツキとメイの家」の外観を。これは一度「となりのトトロ」を観てから来るべきだった…!

 

 

お父さんの部屋の雰囲気もバッチシ!

 

 

 

トトロが入って行った軒下や、

 

腐りかけの柱といった箇所も再現。

 

裏庭へ回ると、水汲み場の井戸が。実際に動かして、水を汲むことも出来ます。暑い時期の方が映えますな。

 

 

建物の外からであれば、家の中を撮ってもOK。丁度この日は蚊帳が張ってあ理、夏仕様でしたよ。

 

 

離れた庭の方へも行っておきましょう!

 

雨の日、トトロと肩を並べたシーンで出てきたバス停や、

 

「夢だけど、夢じゃなかった!」のシーンでおなじみの畑があります。(流石に大木へとは成長しない)

 

昭和30年代の暮らしを知ることができるリアルな屋内

時代背景的にエアコンが存在しないので、サツキとメイの家の中にも当然エアコンはなく扇風機のみ。「昔の人はこんな感じで生活してたのか。大変だなぁ」なんて映画とは関係のない、何気ない感想を抱いてしまうほどリアルでアナログな世界。僕の世代的に体験した事のない感覚で、面白かったです。

ここで多くを語るより実際に目で見て、その空気感を味わってみて欲しいです。お気に入りの場所は、浴室と2階への階段です。個人的に、劇中でも特に印象に残っているシーンで、それがリアルに目の前に現れるというのは中々の感動。あっという間の15分間でした!

「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」&「サツキとメイの家」まとめ

  • リニモを活用すればIKEA、イオン長久手、トヨタ博物館などへの移動がスムーズ
  • 園内を巡回するバスを活用しよう(バスの待ち時間の間に歩いて移動してもそんなに変わらないと思う)
  • 子供は地面から吹き出る噴水で遊んでいるので着替えとか持っていくと良い
  • 夏は帽子必須、水分はこまめに(随所に自販機あり)
  • 「サツキとメイの家」へ行く前に『となりのトトロ』を観ておくとより楽しめるかも
  • 家の中では撮影不可、家の外から中を写すのは可能
  • 北口駐車場から近道で徒歩20分、西口駐車場から徒歩10分かかるので時間に余裕を持って来よう
  • 「サツキとメイの家」が目的なら巡回バスを待って「日本庭園」まで乗って行くのがオススメ
  • 子供は「こどものひろば」が喜びそうなので今度行ってみたい(観覧車がある方)

 

【愛・地球博記念公園(モリコロパーク)
<住所>
〒480-1342
愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1
<TEL>
0561-64-1130
<営業時間&定休日>
施設ごとにまちまちなのでコチラを参照ください
<アクセス&駐車場>
車を利用して6号線から来る場合、側道へ降りないといけません(僕は通り越してしまった!)
見落としやすいです。詳しくはコチラ

おわりに

と言うわけでIKEA長久手〜愛・地球博記念公園(モリコロパーク)と、丸っと1日楽しみました!
公園自体はまだ周りきれていない箇所がたくさんあって、次回は是非「こどものひろば」に行ってみたいですね。

とにかく時間に余裕を持って行こう!
それではまた!

 

オススメ記事
愛・地球博記念公園からスグ、「IKEA長久手」でショッピングも楽しもう
IKEA長久手に行ってきました!広い店内を見て楽しんだ&イケアレストランで腹ごしらえな1日をレポート!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA