岐阜県関市にある「百年公園」。緑あふれる広大な園内を子供と一緒にお散歩してきました!

岐阜県関市。
関市と言えば「刃物のまち」で有名ですが、ちょっとした用があってそっち方面まで家族で出掛けていました。

 

せっかく来たので、近くに公園がないか探して子どもを遊ばせようと思ったんです。
そうして何の前情報もなく選んだのが「百年公園」

始めに言っておくと、広すぎて、とてもじゃないけど全部回れませんでした。
そして子供連れファミリーの場合、南入口から来た方が絶対に良いと思います!

というのも、目的地の「巨大遊具広場」へ北口から歩いて行くという形をとったので、かなりの距離を歩くことになり、結局最後まで辿り着けず断念してしまったんです。でも緑がいっぱいで、水の流れる音が静かに聞こえるとても良い所でした。サイクリングやウォーキングに最適だと思います。

なので、今回は遊ぶと言うより「子供と一緒にお散歩」になりました。
そんな道中の様子をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

一面に広がる緑はまるで森

国道79号線と295号線が交わる交差点から南に向かい、北口駐車場へと車を走らせました(カインズホームがある交差点ね)。すると、木がズラズラズラーッと並んだ真っ直ぐな道が見えてきます(写真は公園側より)。なんか良い感じ。駐車場は結構広く、以前は有料でしたが現在は無料で利用する事が出来ます。

車から降りて、早速「何処へ行けばいいの?」状態。緑の木々がいっぱい。公園というか、奥の方はもはやです。

地図を発見しました。いやー、何コレ。超広いんですけど。
とりあえず、「子供広場」を経由しつつ、「巨大遊具広場」を目指すことにしました。

歩き始めた時刻は14:30過ぎ位でしょうか。子連れのファミリーや、お年を召した方が多かったです。

所々に自販機が設置されています。暑いです。6月ですらこの暑さ。夏とか半端ないと思うので、水分補給はしっかりと。日差しも結構浴びることになるので、帽子は必須アイテムです!

少し歩くと池や噴水が現れます。涼スポット。

休憩用のベンチも所々に設置されていて「やたら多いなぁ」と思ったんですが、基本ずっと坂道が続くので納得。

日陰はかなり涼しい。川の音や、虫の鳴き声が聞こえてきて和みます。

「巨大遊具広場」1900M…。坂道が多いので小さな子供は途中で疲れてしまうかも…。

北口駐車場から来たら「スロープカー」に乗ろう

お!これは…「スロープカー」だって。ちょっとテンション上がる。面白そうだから乗ってみることに。しかも無料。

車内はクーラーガンガンに効いてて涼しい。今の内に体力回復。利用している人も多く、別のファミリーと乗り合わせに。最大8人乗りです。初めて乗る乗り物に、少し困惑気味の様子。ポカーンと外を見つめていたウチの子。

スロープカーの着いた先は岐阜県博物館。「関市と言えば刃物」という事で、ちょうど刀剣展が開催されていました。
嫁さん情報だと「刀剣乱舞」というゲームが好きな方とかが結構見に訪れる様です。どうりで若い子がちょくちょく中へ入って行くわけだ。ふむふむ。

 「兼定 刀都・関の名工」
開催期間 平成30年4月27日(金)~平成30年6月24日(日)

大人1人600円だし微妙に見てみたい気もしたけれど、ウチの子は興味無さそうだったので、またスロープカーに乗って戻ることに。乗っている時間は1分もかからないくらい短いけど結構楽しい。

再び歩くと大きく開けた場所に。階段を登った先に見えるのが「百寿の塔」で、百年公園のシンボルモニュメントだそうです。

旧徳山村民家

もうそろそろ子供広場かな?なんて思っていると古民家が現れました。

老朽化により、残念ながら建物内には入れませんでした。

徳山村というと岐阜県揖斐郡の揖斐川上流にあった村で、徳山ダム建設後はそのダム湖に沈んでしまいました(もちろん住人は転居して)。これは、そこから移築されたものの様です。
以前、徳山ダムを見に行ったことがあって、湖に吸い込まれそうな程圧巻だったけど、その中には村が水没していると思うと少し複雑な気分になったのを覚えています。

ようやく「子供広場」に到着!

広い芝生が現れました。どうやらこれが子供広場の様です。「平坦な芝生が一面に広がっている」という勝手なイメージでしたが、傾斜になっていたり、小川や溝もあったりするので、ちゃんと子供を見ていないと危ないかも?という感じでした。でも開放的で気持ち良かったです。

遊具で遊ぶというよりは、レジャーシートでも敷いてのんびりしたい。

まだ道のりは長そうなので引き返すことに

うーん、先はまだまだ長そう。だって、地図を見ても半分も来てないよ!
時間的な事も考慮して、この辺で引き返す事にしました。それに坂道が続いて、子供も疲れているだろうし。

というわけで、来た道を戻ります。今まで行った公園の中で最も緑が豊かだと思う。空気がとっても美味しい。

秋に来ても良さそうですね。

険しそうな脇道が多いです。子供がもう少し大きかったら一緒にウォーキングしてみたかったな。
割と蚊に刺されたので、長袖か虫除けスプレーとかしておくと良いと思います。

帰り、歩いていて思ったこと。

 

「南入口から来れば良かったのでは?」

 

百年公園まとめ

  • 巨大遊具広場が目的の場合は南口駐車場から来よう!←重要
  • 帽子と水分補給用の飲み物を準備しよう
  • 北口から入って散歩する場合、坂道が多いので靴がオススメ
  • 虫除けスプレーとかしておくと良い
  • 気になる人は日焼け止めなども
  • 駐車場は無料
  • 夏休み期間中は「徒歩池」がオープン。浅い池なので小さな子にも。
  • サイクリングコースでは自転車をレンタルしている

【百年公園】公式サイト
<住所>
〒501-3941 岐阜県関市小屋名1966番地
<TEL>
0575-28-2166
<開園時間>
9:00〜17:00(入園は16:30まで)
<休園日>
月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合はその翌日)

おわりに

なんだかんだ言いつつ、北口からまったり時間をかけて歩くのも悪くはないと思います。スロープカーも子供は喜びそうだし、空気も美味しいのでお散歩には最適。ただ、結構歩くことになるので時間に余裕を持って、装備もしっかりと!

僕の中の「また来たいリスト」に追加です。
それではまた!

 

関連記事
百年公園からそれほど遠くない所にある、岐阜ファミリーパークという大きな公園もオススメです。
子どもと岐阜ファミリーパーク「こどもゾーン」に行ってきました。嬉しい入園無料、そしてめっちゃ広い。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA