子どもと岐阜ファミリーパーク「こどもゾーン」に行ってきた!メッチャ広い&嬉しい入園無料!

先日「岐阜ファミリーパーク」へ、子どもを連れて遊びに行ってきました。岐阜県民なら聞いたことがあるかもしれませんね。
いきなりですが、「初めて行く」と言う方に行っておきたいことが。

 

「こどもゾーン」目当てなら専用駐車場は少し奥にある…!

 

大体の人が「石原」方面から訪れると思うんですが、岐阜ファミリーパークが見えて初めにある入り口は「スポレクゾーン」に行く人向けの駐車場です。そこを少し通り越すと「こどもゾーン」の駐車場があるのでそっちに車を停めましょう!手前に停めてもいいんだけど、それだとかなり歩くことになります。それくらい広い!

 

岐阜ファミリーパークに関してはこの事だけ伝えられれば僕は満足。
あとは広大な公園で思う存分遊んでください。それでは!

 

…と言うわけにもいかないので、その日の様子を少し紹介していきます。

スポンサーリンク

パーク全体は広過ぎて、歩いて移動するのが大変

%name %title

写真じゃ分かりにくいかもしれないけど、かなり広いです。なので、何して遊ぶか考えておいたほうが時間のロスも少なくて済むと思います。

%name %title

僕は間違えてスポレクゾーン側に車を停めてしまったので、「こどもゾーン」まで歩くハメに。到着したのは10:30頃でしたが、スポレク側の駐車場はほぼ満杯。こどもゾーンの駐車場は結構空いていました。

10〜15分歩いた気が…夏だったらぶっ倒れてる(子供と一緒なので余計に体力削られる)。写真は駐車場から歩いてきて、こどもゾーンまで半分にも到達していない地点。まだまだ歩くよ…。

%name %title

間も無く標識が現れました。芝生広場から歩いてきたので、目的地の「こどもゾーン」を目指して歩きます。

スポンサーリンク

「こどもゾーン」に到着

%name %title

やっと入り口に到着。うーん、さらに道が続いています。どんだけ広いん。

%name %title

「階段」を登り切ると目の前に湖が広がります。

%name %title

ここではスワンボートに乗ることができます。利用している人も多かったですね。

%name %title

まだまだ歩きます。

%name %title

横を見ると林になっていて、レールの上を赤い乗り物が走っているのが分かりますかね。これもこどもパークのアトラクションの一部。公園というレベルではないことをお判り頂けただろうか…。

%name %title

やっとスワンボート乗り場まで到達!ここにはフードコートもあるので、お弁当なしでも何かしら食べることが可能です。

乗り物いっぱい!もはや小さな遊園地!

%name %title

%name %title

入ってすぐの光景。まだ人もまばらでした。宙を走るレールは「サイクルモノレール」と言って、空中版スワンボート的な。

%name %title

さっきの林の中に続くレールは「スーパーモービル」という乗り物ですね。

追記:後日また来て子供と乗ったのだけど、結構高い場所を走るので中々にスリリングでした!

%name %title

さらに奥の丘にもアスレチックがそびえ立っています。ウチの子には少し早いかな?という感じだったので、今回は立ち寄らず。

%name %title

%name %title

ローラー式滑り台発見。そんなに激しくも無いので、小さいこどもでも怖がらないと思います。小さい子は大人と一緒に滑りましょう。

%name %title

なんと、ゴーカートのコースまである!終始誰かが乗っていて、エンジン音は絶えません。大人気。

%name %title

%name %title

乗り場はこんな感じ。「ピット」って感じがして良いですね。

%name %title

さらにパーク内を奥へと進むとソリ滑りコーナがあったり、中規模なアスレチックもあります。

%name %title

ドーンと立っているコレ。中に入って上に登ったりするんですが、降りられなくなって泣いている子供も。高い所が苦手な子はやめておいた方が無難です。

3歳未満児も遊べるキッズスペースも有り

%name %title

パーク内の遊具などを見る限り、3歳〜6歳の子供が一番楽しめるかな?という印象。でも3歳未満児でも遊べるスペースがあるので、小さなお子様連れでも楽しめます。

%name %title

ハイハイの子向けに芝生があったり、少し歩ける様になった子向けに、捕まったり登ったりする遊具が。

%name %title

もう少し大きい子向けに砂場もありました。

 

フードコートでは軽食も

%name %title

そうこうしている間にお昼。お弁当は持参していなかったのでフードコートへ行ってみる事に。

%name %title

中には飲み物やアイスクリーム、お菓子、スナック系の自販機がありました。種類は少なめですが、メニューから選んでオーダーすることもできます。

%name %title

カレーを頼みました。これがまた美味いんだな。こういう容器に入っていると、より美味しく感じますよね。小さな子向けのメニューは、正直「んー…」って感じなので、別途持って行った方が良いかと。

%name %title

という事で今日はここでお開きに。お腹も膨れて眠くなったんでしょう、ウチの子は寝てしまいました。帰り道、田舎道を走っていると眠気マックスです。パパは帰りも気合入れて。

持っていくと良いもの

  • レジャーシート→ちょっとした休憩時に活躍。
  • アウトドアワゴン→これ持っている人が結構いた。 荷物一式乗ってけて、更に子どもまで乗ってた(危ないからダメよ)。ウチも欲しい。
  • ベビーカー→普段使っていなくても、あるなら持っていった方が良いです。子どもが疲れたら乗せておけるし、荷物入れとしても。結構歩きます。
  • 小さいテント→これも結構いました。簡易的にプライベートな空間も作れるし、日除けにも活躍。オムツ替えとかこの中でしてもいいかも。
  • 帽子→屋根がほぼないので夏場は必須。テント建ててる人が多いのも納得。
  • 食事→まだ離乳食の子は持っていった方がいいかも(フードコートは種類が少ない)

 

Colemanのアウトドアワゴンめっちゃ欲しい。翌日にお店で実物を見てきたんですが、ワゴンの底板(?)が結構硬くて凄く丈夫そうでした。耐荷重も約100kgとの事なので、荷物バシバシ積める。近い内に買ってしまいそうな勢い。

【追記】購入したので簡単にレビューしてみました
便利過ぎるコールマンのアウトドアワゴンをレビュー!ガンガン荷物を放り込んでおけるから移動が楽チン!

%name %title%name %title

料金について

こどもパーク自体への入園は無料です。公園感覚でOK。ただし、ゴーカートやスワンボート、スーパーモービルなどのアトラクションは一部有料です。アトラクションごとに身長制限などもあるので公式サイトを参照ください。(スマホだと表示が上手くいかないのでPCで見た方がいいかも)

「こどもゾーン」へ行ってみた感想

とにかく広い。この規模で入園無料って凄いですよね。少しイメージと違ったのは、芝生があるっちゃあるけど、ダーーッと走り回れるだだっ広い芝生ではなかった。芝生はレジャーシートを敷いたりして、軽く休憩する感じになるかと思います。

傾斜になっているので、テニスしたりボール蹴ったり、駆けっこするのは少し難しいかも。
アスレチックとか乗り物で遊ぶのがメインかな。遊び道具を持っていっても、使いにくいと感じました。

思いっきり芝生で遊びたいなら、スポレクゾーン側にある「大芝生広場」の方がオススメです。ウチの子はまだゴーカートとか乗れないし、そっちに行けば良かったかなと思っています。小さい子は全く楽しめないのか?と言うわけでもなく、0〜3未満児の子が遊べるスペースもあるので、幅広い年齢層に対応していると思いますよ。

%name %title

追記:スポレクゾーンの芝生広場にも行ってきました〜。思い切り駆けっこしたり、レジャーシートでピクニック的な事するならコチラの方が断然オススメ!写真後方には幼児向け遊具と、さらに巨大な遊具もあるので、一日遊べると思いますよ。

スポット情報

【岐阜ファミリーパーク】
address:〒501-2502 岐阜市山県北野
open:12月~2月 9:30-15:00 / 3~6月、9~11月 9:30-16:30 / 7月、8月 9:30-17:00
close:
火曜日(祝日の場合は翌日が休園)、年末年始(12月29日~1月1日)
other:毎月第三日曜は中学生以下のお子様対象で有料遊具が無料に

おわりに

これは何度もリピートする事になりそうです。もう少し子どもが大きくなって、一緒に乗り物乗りたいね。
それくらいの年齢に達して100%楽しめるのかなと思いました。

 

▼こちらもオススメ▼
室内にいながらも芝生で遊んでいるような気分になれるので、雨の日にオススメ!
子供と「moriwaku market」に行ってきました!雨の日も屋内で遊べて自然を感じる複合型マーケット。

%name %title

 

\読んでくださりありがとうございます!シェアして頂けると喜びます/
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA