オススメしたいオシャレな楽曲・アーティストを紹介します。リラックス、作業用BGMにもどうぞ。

こんにちは。とーちゃんです。

 

音楽の力って凄いですよね。その曲によって楽しい気分になったり、悲しい気持ちになったり。テンションを上げて行動力を高めてくれたりもするし、リラックスして心を落ち着かせてくれたりもする。

とーちゃんの得意ジャンルはHM/HRですが、最近は以前よりハードな楽曲を聴くことが少なくなってきました。ブログを始めたのも影響しているかもしれません。というのも、記事を書いている時にゴッッリゴリのHM/HR聴いてたら気が散るし、作業する時はやっぱり落ち着いた楽曲で、思考の邪魔にならない様なやつがいいですね。

今回はそんな作業BGMとして、また、リラックスタイムなどにもオススメな「聴くぞ」と構えず気楽に流せる楽曲・アーティストを紹介していきたいと思います。それではどうぞ。

 

スポンサーリンク

1. Tom Misch(トム ミッシュ)

最近どハマりしているイギリス出身のアーティスト。楽曲はエレクトロニカやJAZZ、ラウンジ、R&B的な要素が絶妙にブレンドされていて、どの曲もツボを突かれます。リラックスタイムにも良し、作業にも良し、ドライブにも良しと、まさに生活に溶け込んでくれる音楽。このTom Misch氏はギタリストでもあるんですが、これが中々巧い。ジョン・メイヤーのプレイ、楽曲をもう少し打ち込み系やジャズ寄りにした感じでしょうか。
オススメのアルバムは「Out to Sea」「Reverie」「Beat Tape2」。

Beat Tape 2

新品価格
¥1,500から
(2017/12/28 14:10時点)

Out to Sea

新品価格
¥600から
(2017/12/28 14:08時点)

2. toe(トー)

日本のバンド。JTのタバコか何かのCMで「うわ、いいなー!」と思って探していたら、彼らの楽曲だったんです。インストがメイン(たまにヴォーカル入りの楽曲もある)で、作業していてもヴォーカルの歌詞が頭に入ってこないのも良くて。淡々とシーケンス的に流れるギターフレーズと、優しいメロディーライン。「スパーン!」と乾いた音色が心地よいドラムと、それをドシッと支えるベースライン。どこかしんみりした気分にもなって、冬の果てしなく高い空にピッタリだと思って聴いています。

the book about my idle plot on a vague anxiety

新品価格
¥1,670から
(2017/12/28 14:18時点)

3. 高木 正勝

さかのぼること10年以上前。フラッと遊びにきた友人に勧められて知りました。丁度エレクトロニカに興味があった頃で、体に電流が流れる程の衝撃を受け、それ以来ずっと大好きです。今でもよく聴くし、子供といる時にも流したりしています。楽曲としてはまさに王道的なエレクトロニカ。優しくも楽しい電子音に溺れてください。そういえば「おおかみこどもと雨と雪」の劇伴も担当していましたね。

映像や美術方面でも活動しており、彼の独特の世界観を目で楽しむのも良いかと。アルバムはいくつか購入していて全部オススメしたいところですが、今回は友人に勧められ、初めて高木正勝氏の音楽に触れるキッカケになった「Sail」をオススメします。

Sail

新品価格
¥1,500から
(2017/12/28 14:19時点)

 

4. Spangle call Lilli line(スパングル コール リリ ライン)

こちらも日本の3人組バンド。女性ボーカルなのですが、柔らかな声質でぽわーっと癒されます。楽曲はすこーしエレクトロニカ寄り(?)でしょうか。作業用BGMというよりは、まったりコーヒーでも飲みながらリラックスして聴きたいです。メロディーありきの歌詞が特徴的。こんな曲が作れるのが羨ましい。大好きです。

曲は「nano」が一番好き。

オススメのアルバムは「PURPLE」。

PURPLE

新品価格
¥1,670から
(2017/12/28 14:23時点)

5. 小沼ようすけ

ジャズギタリスト。ギターやってる人は知ってる人も多いかと。その中でも「Summer Madness」が大・大・大好きで。アルバムタイトルにもなっているこの曲はCool & The Gangのカバーなんだけど、本家よりエレピのトレモロが強烈でギターも弾きまくり、もう脳汁出まくり。夜のドライブで聴いたらもう最高ですよ。死ぬ前に1曲だけ聴けるとしたらこの曲を選ぶかも。しかし残念ながらちゃんとしたPVが見つけられなかった…。是非オススメ!

Summer Madness

新品価格
¥2,999から
(2017/12/28 14:25時点)

6. mabanua(マバヌア)

この方はプロデューサーでもあり、自身でドラム、鍵盤、ベース、ギター…なんでもやっちゃう人。Ovallのドラマーとしても活動していました。そんな彼のアルバム「only the facts」から”talkin’ to you”をオススメ。PVの入道雲がとても印象的で、そのせいもあってか完全に夏のイメージ。スカッと晴れた夏空が恋しくなります。どこか「TAHITI80」的な雰囲気を感じると思ったら実際に親交もあるそう。(TAHITI80もオススメ)

only the facts

新品価格
¥1,500から
(2017/12/28 14:26時点)

 

7. INO hidefumi(イノ ヒデフミ)

「Satisfaction」を完全にジャケ買いしたのですが、中身もばっちりオシャレだった。フェンダーローズピアノの音色をたっぷり堪能できます。このアルバム1枚流しておけばカフェやバーの様なオシャレ雰囲気作りはバッチリ。是非デートにどうぞ(?)

Satisfaction

新品価格
¥1,890から
(2017/12/28 14:27時点)

8. John Mayer(ジョン メイヤー)

シンガーソングライター/ギタリスト。中域が豊かで落ち着いた声色ですが、何処かハスキーさもあって良い声してます。ギターの腕ももちろんですが、楽曲も素晴らしい。今回紹介する「Continuum」はアルバムを通してじめっとした感じでSoul、R&B的な要素がチラホラ。中でも「Gravity」と「Vultures」が最高に良い。

Continuum [Clean]

新品価格
¥1,600から
(2017/12/28 14:31時点)

おわりに

いかがでしたでしょうか。
結構有名どころが多くて(?)、「もう知ってるよ!」ってなってしまうかも。でも知らなかった方には是非オススメです。このブログのカテゴリー「月のまとめ」でも少しオススメ音楽を紹介していますので、よかったら見てみてください。

それではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA