ただ長けりゃ良いってもんでもない!効率的に練習する6つのポイント【ギター】

こんにちは。とーちゃんです。

 

ギターの練習中、なんとなく適当に弾いてる時無いですか?練習量は多い方が良いとはいえ、ダラダラとやっていては時間が過ぎるだけ。日々練習の時間を確保できない人は、尚更少ない時間を有効活用せねばなりません。

 

今回は日々の練習の質を向上するべく、そのポイントをとーちゃんなりにお伝えしていこうかと思います。効果は人それぞれかと思いますが、参考程度に見て頂ければ。ポイントは6つ。それでは早速見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

1.あらゆる音色で弾く練習をする

「練習は必ずクリーントーンで」的な事をよく見聞きしてきました。ドライブ(歪んだ)音だと、なんとなく弾けてる様に聴こえるからだと思います。確かにそれはあると思うし、自分もよくクリーントーンで練習していました。しかしクリーントーンとドライブサウンドでは音のコントロールが違ってきます。

 

クリーントーンで綺麗に弾ける様になったと思っても、ドライブさせると意外にノイズ制御が甘かったりします。狙った弦以外にも、実はピックが当たっていたり(笑)ドライブ音はそういったノイズも目立ちやすいです。クリーントーンだけでは気がつかない粗を発見するために、ドライブサウンドでも練習しましょう。ライブで飛び道具的音色を使用する場合も、事前にその音色で練習しておきましょう。空間系かけまくりだと、リズムが取りにくいです。

 

2.必ずアンプに通して練習する

先ほどの音色の話と通ずる部分もありますが、必ずアンプを経由させた音を聴いて練習しましょう。面倒な時ってついペシペシな生音で練習しがちですが、ピッキングニュアンスもミスも何も聴こえないので推奨しません。住宅事情で音が出せない場合はヘッドホンを使用するもの有りです。

 

理想はライブやスタジオと同環境の機材ですが、毎日そんな環境で練習できる人は少ないと思います。安いやつでも良いので、アンプ通しましょ。

 

3.時間を区切って集中、メリハリを

好きな事って何時間でもやってられますよね。特に上達を実感し始めてくると楽しくてしゃーない。しかし「たくさん練習したな〜」なんて思っていてもどこかで集中力は途切れているもの。やはり15分、30分とかで時間を区切って、その時間内は思い切り集中する方が効果的だと思うのです。

 

長時間練習を数日おきに…よりは「短時間集中」を毎日継続が良いと思います。これは毎日あまり時間を確保できない人にもオススメです。

 

4.未来の自分がイメージ出来る練習を

この練習はなんの効果があるのだろう?なんて思う練習はとっとと止めちゃいましょう。その練習を行うことによってどう変化するか?苦手な事が克服出来るだろうか?それらをイメージ出来る練習だと良いですよね。練習前に、しっかりとその日行う内容を考えてみましょう。

 

上手いプレイ動画などを観て、完成系をイメージしながら練習するもの効果的。自分との違いも発見でき、どうすれば良いかイメージしやすくなる。弾く前に、動画でモチベーションを高めるのは非常にオススメ。

 

5.フレーズを口ずさめる様にする

口で歌えないフレーズは、ギターでも弾けない…的な話を聞いた事がありまして。覚えたいフレーズがあったら、まず歌える様に(鼻歌とかでも○)してみると良いですよ。そうするとリズムや音程は頭に入っているハズなので、ギターでアウトプットしやすくなります。アウトプットできない(弾けない)箇所が出てきたらテクニック不足なので、そこに的を絞って練習しましょう。

 

6.自分のプレイを録音して聴いてみる

自分のプレイを録音して聴いてみる事。これは非常に効果があると同時に、落ち込む原因にもなります(笑)「今メッチャ巧く弾けたやろ!」なんて思っていても、客観的に聴いてみると「あれ?そんなハズは…(ガクブル」となることもしばしば。結構弾けてないもんなんですよね^^;

 

これを繰り返している内に、イメージしているプレイ実際聴いた時の差が段々と無くなってきます。そうなってこれば、ギターでアウトプットする能力が確実にアップしている証拠。高価な録音機材が無くても最近はスマホなんかで手軽に動画を撮影出来るので、どんどん自分のプレイを聴きましょう!

おわりに

いかがでしたでしょうか。なんだかおっさんが偉そうな事言ってる感じになっちゃいましたが、折角貴重な時間を使って練習しているんだから上達したいですよね。たくさん練習しているのに中々上達しない…と悩んでる方は、日々の練習内容を見つめ直してみると良いかもしれません。

 

え?「こんなサイト見るくらいなら練習してた方が100倍マシだった」って?
…その通り。さぁさぁ!PCやスマホなんか見てないで練習せーーい!

それではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA