ギターのFコードの押さえ方。ポイントは握力よりフォームを意識するのがコツ【初心者向け】

こんにちは。とーちゃんです。

 

今日はギターのFコードについてのお話し。ギター初心者の方向けの内容でございます。
ギターってすごく楽チンで、簡単な楽器。でもすっごくデリケートで、難しい面もある。

 

何が楽なのかっていうと、例えばコードを押さえてフォームをそのまま横に1フレットずらすだけで別のキー(コード)として鳴らす事が出来る。鍵盤系だと黒鍵の絡みもあって、キーを変えようと思ったら大変。(とーちゃんは鍵盤弾けないから余計にそう感じる)なので、その点はギターの楽チンで簡単なところ。

ところが、綺麗な音を出そうと思うとギターって中々難しい。鍵盤であれば、ポンっと鍵を叩けばとりあえず素人でも音は出せるんだけど、ギターは狙った弦を正確にピッキング、かつしっかり押さえないと音すら出ない。初心者の人がいきなり綺麗な音色を出すのが難しいんですよね。

 

さて、本題のFコード。
初心者にとって初めにぶち当たる壁であり、最も挫折するポイントでもあります。最初の内はこいつを綺麗に鳴らすのが大変。「人差し指で全部の弦押さえて、後の指はえ〜っと…」もうインポッシブル(;゚∇゚)

 

しかし、ここで諦めてギターを置いてしまうのは勿体無い。
これはコツの世界、あとはちょちょいっと慣れるだけなんです。

 

【注意1】練習前に手首や指のストレッチを充分に行い、手に負担を感じてきたら休憩しましょう。
【注意2】左利きなので、見慣れない絵面になってます。コツは右左関係ないのでポイントだけ押さえてもらえれば。

それではいってみよー。

 

スポンサーリンク

力を入れる事に集中しすぎない

過去に友人、職場の人から「ちょっとギター教えてよ」なんて言わる事がありましたが、大体皆Fコードで苦戦していました。「こんなの押さえられんよ」と、グッと力を込めて押さえようとしている。その結果、手首が奥へ引っ込みがちになり、セーハする(1~6弦を押さえる)指以外も、動かしにくい状態に。

 

極端な例ですが、こんな感じで手首が奥に行ってませんか?寝起きで指がむくんでいるのはご愛敬(笑)

 

ポイントは手首の位置

もうちょっとリラックスして、手首を少し前へ出してみましょう。
手首が前へ出る事により、自然と人差し指に力が加わります。それ以外の指も自由が利きやすくなりますね。

 

指はフレット付近へ。これが出来ていないとそもそも音は鳴らないし、腹で押さえると上手く鳴りません。とーちゃんでも無理です!やや側面で押さえる感じ。腹に比べて硬いのでしっかりを押さえる事ができます。

 

親指はネックの半分〜半分ちょい下の位置に。親指が上に行きすぎると、手首も引っ込んでしまいます。

 

あとは中指・薬指・小指でEコードのフォームを作るイメージ。瞬時にコードチェンジするのは、繰り返し練習するしかないです。コツは弦から指が離れた瞬間、浮いている間に次のフォームの準備する感じでしょうか。いきなり出来るものではないので、焦らずに。

 

どうしても無理、緊急を要する場合

「あと数週間後に発表会が控えているんです!」という緊急事態には妥協策も考えられます。有名(?)ですが、6弦は押さえないパターン。人差し指だけ1~2弦を同時に押さえ、あとは通常通り。

 

さらに「あと一日しか猶予がないんですー!なんとかしてください!」という場合。2弦1フレット、3弦2フレット、4弦3フレットだけを押さえるパターン。もはや原型を留めていないですが、弾き方と場面によっちゃあ大丈夫。Cコードに似てますね。

 

以上は緊急措置ですが、特に2つ目のフォームはゆっくりテンポの曲だとFと少し違ったサウンドが目立ってしまうので、なるべく押さえた弦だけを狙って弾きましょう。早めのテンポならジャカジャカ鳴らしちゃってください。一瞬の出来事なので、誰も気がつきません(笑)

 

まとめ

一言で言うと「手首を少し前に出してみる」です。

Fコードでつまずいて、ギターをやめちゃうのは勿体無い。まずは省略したフォームでも良いので、曲を弾ける楽しさを味わってほしいです。しばらく練習してたら必ず出来るようになるので、焦らず気長にいきましょう!

それではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA