学研「トーマス レッツゴー大冒険!」レビュー。完全電池なしで遊べる知育ギミックが満載!

ウチの2歳の息子君、今はトーマス、アンパンマン、ミッキー辺りがお気に入り。
特にトーマスのハマり様は「よくもまぁそんなにキャラの違いを識別出来るなぁ」と関心するほど。

 

オモチャもプラレールだのトミカだのガチャガチャだの、色々買いました。
で、今回はちと大物を買いまして。

 

コチラ、「トーマス レッツゴー大冒険!」

%name %title

あの学研さんの監修で、遊びながら「集中力、思考力、手先の器用さ」を身に付ける事ができ、電源無しで遊べるのが魅力。ギミックもつい何度もやってしまう面白さ。サイズ感も大き過ぎずで、Good!

 

店頭の試遊機で「これ買え」と言わんばかりに遊び倒していたので購入した次第であります。

 

スポンサーリンク

「DX版」とどっちにする?

%name %title学研ステイフル様 商品ページより引用

今回買った「トーマスレッツゴー大冒険!」と、もう1つ「トーマスレッツゴー大冒険!DX」ってのがありまして、後者はサイズ・価格共にスケールアップしたモデル(画像)。価格も倍近くしますね。

これ、どちらにしようか非常に迷いました。色々考えてみましたが、ギミック的に大きな違いは無さそうだし、レールが縦にスケールアップ & コースに分岐がある…くらいなのかなぁと。

手と頭を使って欲しい部分は共通点が多いし、もし使わなくなった時のスペース的な問題もあってDXではない方にしました。

スポンサーリンク

付属品、組み立て

%name %title

という事で開封。組み立てパーツはレール、クランキー、ハロルドくらい。加えてトーマスとパーシーが付いてきます。

%name %title

%name %title

%name %title

組み立ては超簡単。差し込むorはめ込むだけで、

%name %title

あっという間に完全!箱から出せばほとんどすぐに遊べますね。

%name %title

ちなみに組み立てた状態でのサイズですが、横が約37.5cm、縦が約36.5cm

%name %title

縦が1番高い部分(ハロルド)約23.5cmでした。素人採寸なので、大体の目安でどうぞ。

%name %title

裏面は厚紙(?)な感じになっています。極力プラスチックを減らそう!という環境への配慮…だったりして。

DX版より小振りで持ち運びも容易だし(2才半の息子君も1人でなんとか持てる)、部屋に置いてあってもそんなに圧迫感は感じません。違う部屋へ持っていく際の取り回しの良さ等からも、我が家はコチラにして良かったなぁ〜と思っています。

全て電池なしで遊べるギミックたち

%name %title

まず出発地点の駅にトーマスを乗せ、赤いボタンを押すとレールが上昇し、スタート。

%name %title

次にターンテーブルを回転させ、カーブを攻略します。

%name %title

%name %title

次はコンベアーを回して山を登っていきます。

%name %title

同時にハロルドも飛び回って(回転)しているので、

%name %title

山の頂上に来たトーマス、パーシーをジャンプ(ボタンを押す)させてキャッチ!

%name %title

そのままハロルドをレールまで移動させると、トーマスがポトっと落ちます。

%name %title

%name %title

%name %title

レバーを倒し、橋をかけて先へ進めます。

%name %title

最後はクランキーで持ち上げ、

%name %title

あとはゴールまで快走!

%name %title

で、最初の駅に到着〜!

勢い良くボタンやレバー操作をするとトーマス or パーシーがレールから脱線しがちなので、優しく操作をするのがスムーズに進めるコツです(優しすぎても上手く進まないけど)

%name %title

始めだけお手本を見せてあげて、後はやってく内に自分で考えながら覚えていくと思いますよ。

「トーマス レッツゴー大冒険!」まとめ

ココが良い

  • 全て電池なしで遊べる
  • 楽しく考えながら遊べる
  • 組み立て簡単
  • DXより小振りで取り回しが良い
  • 大人も意外とハマる
  • まわす、押す、倒すなどの操作を覚える

ココが惜しい

  • 荒く扱うとハロルドを支えている支柱などが折れそう(年齢的にどうしても扱いが荒いので心配)
  • グリグリまわす時に本体ごと滑りやすい(プレイマットの上がオススメ)

 

 

大人もハマる

ボタンを押す、レバーを倒す、ひねる…など、シンプルな操作なんだけど、大人もやってみると結構楽しいもんですね。息子君もずーっとハマっております。繰り返しやっちゃうの、分かる。

「DX」にするかどうかは、スペース、予算など、ご家族でご相談してみてくださいませ。
というわけで、購入の参考になれば幸いです。

 

詳細は学研さん商品ページにてチェック! → https://www.gakkensf.co.jp/item.php?i=1641

 

 

【コチラもどうぞ】
トミカ「フェラーリセット」レビュー!高級スポーツカーの魅力がぎっしり詰まった4台。

%name %title

 

 

\読んでくださりありがとうございます!シェアして頂けると喜びます/
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA