「Pechat(ペチャット)」をレビュー 。ぬいぐるみがお喋りする、可愛いボタン型スピーカー!

小さい頃、テレビや映画で言葉を話すぬいぐるみなんかを見て、可愛い…羨ましい…なんて思いませんでした?
僕は独りっ子だったので、小さな頃は家族や友達以外にも話し相手が欲しかった記憶があります。だから余計そんな風に思うのかもしれません。

 

それはさておき、今はこんな面白いモノがあるんですね。

 

「Pechat(ペチャット)

%name %title

この、ボタンの形をしたスピーカーから歌や声が出て「ぬいぐるみとお喋りしている感じ」にさせてくれるアイテムなんです。
発売当初話題になったらしいのだけど、全然知りませんでした…

 

今回我が家にこの「Pechat(ペチャット)」がやってきたので、ちと紹介してみます。

 

スポンサーリンク

Pechat(ペチャット)

%name %title

ボタンの形をしたスピーカーで、スマホとBluetoothで接続し、操作する事で「お喋りするぬいぐるみ」を演出します。我が子に使うも良し、出産祝いなんかでプレゼントすると洒落てるかもしれません。

%name %title

カラーはピンク、イエロー、ブルーの3色。どれもパキっと明るい色で、子供にピッタリ。手持ちのぬいぐるみに似合いそうな色を…と思い、我が家はピンクにしました。ボタンの穴がスピーカーになっています。

%name %title

付属品は説明書と充電用のケーブルのみ。充電式の良いところは、電池を誤飲する危険性がない点です。小さな子はなんでも口に入れたがるので、これはありがたい仕様ですね!

%name %title

本体サイズはこんな感じで、大き過ぎず、小さ過ぎず。これまた本体の誤飲防止を考えたサイズになっています。

%name %title

側面に充電用の端子、裏面に電源スイッチ、取り付け用の穴があります。

%name %title

ぬいぐるみに直接縫い付けても良いし、それが嫌だって人は紐を通して、ぬいぐるみにぶら下げるという方法がオススメ。ウチは縫い付けたくなかったので、100均でぬいぐるみの色に合う紐を買ってきてぶら下げています。

ボタン型ってのがぬいぐるみの雰囲気を損ねなくてGood!

スポンサーリンク

専用アプリをインストールしてスマホと接続

%name %title

全てスマホからの操作になるので、スマホは必須。まずはアプリをインストールし、Bluetoothでペチャットとペアリングします。その後、声のトーンや話す早さなどの設定が少々。

%name %title

子供の名前を呼んでくれるので、登録します。「変なイントネーションだったら醒めちゃうなぁ」とか思ってたのだけど、

%name %title

ちゃんと選べる!パターンから1番しっくりくるタイプを選びましょ。ちゃんと我が子の名前を呼んでくれるのってプチ嬉しい…!

%name %title

こんな感じで初期設定が完了ー!手順に沿っていけば、すんなり進むと思います。

「Pechat(ペチャット)」の使い方

%name %title

ホーム画面です。使ったセリフや歌などの履歴や、お気に入りに登録してあるものが呼び出せます。
右下の吹き出しみたいな箇所には常に登録した子供の名前が表示されていて、そこを押すと名前を呼んでくれます(画像では名前は伏せてあります)

%name %title

メニューを呼び出すと、ズラっとこの様な。セリフ、うた、お話などなど。

%name %title

試しにセリフを選択してみます。ジャンル別に分かれていて、例えば「ごはん、おやつ」を選択すると、

%name %title

ズラズラっとパターンが出てきます。で、言わせたいやつをポチっとするとスピーカーから声が出てくるんですな。

%name %title

「おでかけ」だとこんな感じです。結構なパターンがあるので充分な気もしますが、

%name %title

好きに打ち込んで喋らせることも可能…!

%name %title

あとはこちらが喋った事をまねっこする機能や、

%name %title

 

%name %title

うた、本の読み聞かせ機能もあります。これは一回流しておけばスマホを見なくて良いので、子供の表情や反応を見る事ができて非常に良きです。

%name %title

定番どころは初めからインストールされていますが、ストアで追加も可能。

%name %title

あと、これはもう使う機会がないのでなんとも言えないのだけど、赤ちゃんの鳴き声を検知する機能も。

%name %title

あやし、寝かしつけに嬉しい音源も多数収録されています(胎内音とかよく聴かせたなぁ)。

使ってみた感想

さて、一通りの機能を我が子(2才)に試してみました。年齢、成長具合によって反応は様々だと思いますが、すでに家にあるぬいぐるみに付けたらバレてしまった。笑
新しくぬいぐるみを新調して、初めからペチャットが付いてる様に思わせると上手くいくかもしれません。

スピーカーから声を出してみると、ぬいぐるみの方を見て笑っていたし、普通にオモチャとして遊んでいても楽しい。我が子の名前を呼んでくれるのも嬉しいポイント。元々用意されているセリフもかなりの数なので、一通りのやり取りは出来る思います。セリフを自作できるのも面白いですね。

どこかのレビューでも見かけましたが、親側はスマホの画面を見る事が多くなるので、1対1だと子供の相手をしているのやらスマホの相手をしているのやら…。そこだけが惜しいかも。

しかし、ぬいぐるみが喋るってのは子供なら誰しも夢見るシチュエーション。そこを本体のルックス含め、上手くカタチにしたなぁと感心してしまいました。

「Pechat(ペチャット)」まとめ

ココが良い

  • ボタンの形をしていてぬいぐるみに溶け込みやすいデザイン
  • 充電式なので電池の誤飲がない
  • 本体自体も誤飲しにくいサイズ
  • 我が子の名前を呼んでくれる
  • セリフも自由に作成
  • 声のトーン、読み上げの速さなど設定出来る
  • お喋り以外に、歌や本の読み聞かせもある

ココが惜しい

  • 操作している側はスマホの画面を見る時間が長くなってしまう

 

おわりに

小さい我が子の姿は今だけ。
一緒に過ごす、貴重で、楽しい時間のお供になると良いですね。

 

詳しくは「Pechat(ペチャット)」公式ページでチェック! → https://pechat.jp/

 

 

【コチラもオススメ】
Panasonic LEDランタン(球ランタン)がカワイイ!夜中の授乳・オムツ替え、停電時にやさしい明かりを。

%name %title

 

 

\読んでくださりありがとうございます!シェアして頂けると喜びます/
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA