赤ちゃん用のお水とキューブミルク「明治 ほほえみ らくらくキューブ」がお出かけに便利!

こんにちは。とーちゃんです。

 

赤ちゃんと一緒にお出かけできるようになると、心配なのが外出先でのミルクやオムツ替えですね。

 

ウチはあらゆる事態に対応できる様、赤ちゃん用品をカバン一杯に持っていくんですが、
その中で最近大活躍しているのが「赤ちゃん用のお水」です。

 

スポンサーリンク

買ってそのまま使える「赤ちゃん用のお水」

ウチはまだ子育て新米夫婦なので、そんなものがあるのを知らず…お店を物色して回る内に発見したのです。
離乳食とかミルクコーナー辺りにフツーに置いてました^^;

 

ミルクの時間。
授乳室にあるお湯とか、持参したお湯だけだと冷めるまで時間がかかって、その間赤ちゃんもギャン泣き。
こっちも焦ってくるし(笑)
そんな時、早くミルクを冷ますのにすごく便利。

 

ミルクとお水の割合

これは飲ませるミルクの量や、ミルクを溶くお湯の温度によるので、これといった決まりはないと思いますが、
現在200ml与えているウチの場合…

お湯が80°→ミルク150ml:お水50ml  or  ミルク160ml:お水40ml

こんな感じで調乳してます。
分量だけでなく、実際に手で温度を確かめつつやりましょう!

今までいくつか行ったショッピングモールの授乳室のお湯も80°になっていたので、
家のポットも80°で保温するようにしました。

 

キューブタイプのミルク

「明治ほほえみ らくらくキューブ」

これもお出かけ時には重宝してます。
粉ミルクを携帯する容器もありますけど、携帯しやすいのと作るのが楽過ぎ!
飲ませる分だけパキっと割って溶かすだけ。

粉の時みたいに「あれ?今何杯だっけ?」ってならない(笑
ただ、キューブにしていて個包装になってるせいか、若干割高になります;
なので家では粉、外出時にはキューブが便利かと思います。

 

おわりに

このキューブタイプのミルクですが、粉より若干消費期限が長いです。
なので、ウチはもしもの災害時に備え多めにストックしていました。
最悪、赤ちゃん用の水とこのミルクだけで作れますからね。
(消費期限が長い…と言っても何年も保存できる訳ではないので、必ず期限を確認しながら使い切っていきましょう)

 

以上、赤ちゃん用の水とキューブミルクのお話でした。
それでは今日はこの辺で!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA