「やりたい放題”スマート本”」購入&レビュー。子供の定番おもちゃがスリムに進化した!

子供向け月刊誌「ベビーブック」に載っている広告ページを見て衝撃を受けた。
小さな頃から知っている子供の定番おもちゃ「やりたい放題」が今はこんな姿になっているなんて。

 

こんにちは。とーちゃんです。

 

これの広告ページを見て一番心踊らされたのは、我が子ではなく、このとーちゃん自身だったと思う。しかし考えましたね。ブックタイプにしてしまうとは。しかも「やりたい放題”スマート本”」というネーミングがまた現代風。久々におもちゃを見てワクワクしました。

さて早速レビューを…と言っても、基本的には既存の「やりたい放題」の機能を踏襲しているので、まぁ見たままなんですが。変わりダネというか、個人的に気に入っているポイントをご紹介していきます。←オマエが気に入ってるポイントかい!

 

スポンサーリンク

6つのお気に入りポイント

ポイント1 「スマートで省スペース」

親としては片付ける時のスペースも気になるもの。そんな気持ちに応えるスマートさ。従来の「やりたい放題」はどうしてもかさばって場所を取り、その辺に置いておくしかない。このブックタイプなら心配無用。使わない時は折りたたんで、隙間があればスッと収納が可能だ。まぁウチにはそんな隙間も無いのだが。

従来の「やりたい放題」との比較。圧倒的スマートさ。

 

 

ポイント2 「おしりふきのフタ」

これ絶対触るやつ!いつもおしりふきのフタをパカパカやるんだよね。それソックリに出来ていて、そこに「やりたい放題」の「ティッシュ」を持ってくるナイスな発想。早速標的に…。

メ◯ーズならぬペリーズ(笑)

 

ポイント3 「ブラインド」

紐を引っ張るとブラインドが開くギミックが、良く出来ていて面白い。家にもブラインドはあるけれど、うちの子はまだ存在を知らないし、もちろん触った事もない。おもちゃのブラインドはインパクト大で、子供の興味を引くはず。

 

ポイント4 「電源タップ」

コンセント口は「やりたい放題」にも搭載されているけれど、このブックタイプには差込口の方向が違うタイプが2つ付いていて、少し頭を使う様に工夫されている。何と言ってもその横に付いているオン・オフスイッチの感触が本物のタップの様で、何気に完成度の高いところがお気に入り。

 

ポイント5 「鍵」

鍵を差し込む→回して開けるという動作をしないとこの「やりたい放題」は開かない。遊ぶ際は必ずこの動作が必要な為、解錠の動作は確実に覚えてくれそう。鍵穴と鍵のサイズ感が個人的に◎。

 

ポイント6 「分離する」

小さな子供は加減を知らない。何もかも全力。そんなハードな使われ方を想定して、一定の方向に過度な力が加わると本が真っ二つに分離する。いきなりこの様な事態になって焦ったけど、箱にちゃんと分離するという説明が書いてあった。元通りにするのも簡単。

 

音の出るギミックについて

単三乾電池を3本入れると、音の出るギミックも楽しめる。水道の蛇口、鍵(解錠時)、スマホ、チャイムボタンの4箇所が音の出る部分。チャイムについては、家のチャイムというよりコンビニなどの入店音に近いです。あんまり家っぽくないないなぁ。そこは従来の「やりたい放題」の方が好み。

 

気になる点

スマートになったこの「やりたい放題”スマート本”」、実は重さに関しては従来のやりたい放題よりやや重たい。実際に開けると意外と面積を取るし、閉じている状態でも5.5cmと厚みはないものの、縦26cm幅22cmのサイズ感は子供にとってやや取り回しが悪いのかもしれない。そこは年齢や個人差があるのでなんとも言えないけど、1歳半手前のうちの子は持ち辛そうにしています。

従来の「やりたい放題」930g

新型「やりたい放題”スマート本”」1065g

いや、逆にたった135gの差でこれだけスマートにしてしまった凄さ。

 

おわりに

初めて見た瞬間「うわ!すげぇ欲しい!」と思ってしまった大人がここに。冒頭にも書きましたが、久々におもちゃを見てワクワクしました。久々というか、子供の頃以来でしょうか。おもちゃってこういうワクワク感がすごく大切だと思います。

 

いたずら1歳やりたい放題 スマート本

新品価格
¥3,680から
(2017/10/9 06:12時点)

お子さんがいるご家庭へのプレゼントとしてもきっと喜ばれるだろうし「え?今ってこのおもちゃ、こんな風なの!?」と驚かれる事間違いなし!
それではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA