SONY RX100(初代)を購入!一眼ではなくコンデジを選んだ理由。そしてスマホカメラにはもう戻れない。

こんにちは。とーちゃんです。

 

とうとうカメラ買いました!
以前からミラーレス一眼が気になっていて、CanonのEOS M100あたりを狙っていました。一眼カメラって「いかにもカメラ!」みたいな無骨なイメージがあるのですが、そんなイメージを払拭する「着せ替え」が可愛くて魅力だな〜と思って。カメラ素人なりにEOS M10とM100の比較記事も書いていましたね。

 

 

そしてそんな記事からの〜…SONY Cyber-shot RX100!

全然ちゃうやんけ!あの記事はなんだったんだ!裏切り者ー!という声が聞こえてきそうですが、色々考えまくっている内に結局コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)の方が、自分の用途に合っているんじゃないかと思ったのです。

ミラーレス一眼が欲しいと言っていたのに。記事まで書いているのに。何故コンデジにしたのか。
今回はその言い訳そんなお話でございます。

 

追記あり 最下部に感想と撮影サンプル追加しました(食べ物ばっかりだけど)

スポンサーリンク

コンデジにした理由は大きく3つ

レンズ交換してまで撮らないと思った

一眼カメラで撮影された写真は確かにホレボレするほど綺麗で美しい。迫力もあり、被写体の背景も良い感じにボケていてそれだけで「すげぇ!」と思っちゃう。シーンに応じてレンズを替えて…ん?待てよ…自分の性格上「わざわざレンズを取っ替え引っ替えして撮らないな、絶対」と思ってしまったんです。本体と同時に購入したレンズをずっと着けている可能性、大。

カメラが趣味の人とか、こだわる人はレンズを替えて楽めるだろうけど、私は素人。カメラ本体もそこそこ値段するし、レンズもまぁまぁ高い。となるとレンズの買い足しもしないだろう(買う金がない)ということで「コンデジで良いんじゃないの?」という結論に。

持ち運びは楽な方が良い&手軽に撮りたい

やっぱり持ち物はコンパクトにしたいと思って。いくら綺麗な写真が撮れるからと言ってもカメラ+レンズを持ち歩いてまでは…撮らないと思った。スマホまでとは言わないけど、スッと出してパシャっと撮りたいですよね。スマホも手軽とは言いつつ、パスコード入力してロック解除して…とか意外と煩わしい。iPhoneはロック画面で右から左にスワイプすればすぐにカメラが起動できて良いんだけど、たまにミスってイラっとすることも(androidはどうだったかな)。

写真と撮るという仕事はカメラに任せたい。ピッと電源入れてパッと撮りたい。スマホみたいに余計なセキュリティーとか無くて良いよね。

あとは何と言ってもこれ。お出かけはほぼ子供と一緒なので「余計な荷物は増やしたくない」と思って。まだ子供が小さい為、基本手を繋いで要るか、抱っこ。子供用の荷物もあるしね。そこにカメラ+レンズはしんどいかな〜と。お店の料理とかも撮りたいんですけど、食べる前にごっついレンズの付いたカメラでバシバシ撮る勇気もないという…。

スマホ以上、ミラーレス一眼未満くらいのクオリティーで充分

どちらかというと素人の私。大きく引き伸ばして現像、印刷もしない。用途といえば我が子の姿を鮮明に記録して写真サイズに現像するか、その他の写真はSNS、ブログに使用する程度。だったらそこまでハイクオリティーじゃなくても良いかなと。今回購入したこのカメラも各所で「一眼に迫る画質…」みたいな事も書かれていて、撮った方の作例とか見ても個人的に満足できそうなボケ感とか出ていたんです。「これで充分だ」と思いましたね。

 

何故RX100にしたのか?

このRX100というカメラ。「RXシリーズ」とでも言いましょうか。2012年発売の初期型(M1)以降、M2、M3、M4、M5とほぼ毎年後継機種が発売されているのに2017年12月現在、未だに全ての機種が現役で販売されています。カメラに関しては素人なので、細かいスペックに関してはアレなのですが、どの機体の完成度が高く、それだけ皆に愛されているという証拠なのでしょうね。初期型もまだ現役って…素敵。

私が購入したのは初期型(初代、M1)。もちろん最新機種の方が便利な機能も搭載されていて、良いのには違いないだろうけど、予算の面からも初期型の選択となりました。初期型のみWi-Fiが搭載されていなくて、不便かなと思ったんですが「Wi-Fi内臓のSDカード」なる物もある様で(存在を知らなかった)。それでWi-Fi機能はカバーできそうなので良し。

 

画質もiPhone以上であればOKだったので全然問題なし(詳しいスペックは公式サイト様でご覧ください)。ルックス的にも小ぶりで可愛いけど、どこか男臭さもあるという、このバランス感。良い。しかも「初期型」という言葉にグッと来てしまったんですな。価格、画質、ルックス…あらるゆ面で「これしかない!」と思いました。ちなみにガンダムはMark2が一番好きです。…どうでも良いか。

実はリコーのGRという機種も良いな〜と思ったんですが、どうも手ぶれ補正が搭載されていないっぽくて(高い機種はどうか分かりません)。素人からすると「手ぶれ補正」という言葉に弱いのです。撮影テクニックも無いし、万が一の保険というかね。

 

あと「Carl Zeiss(カール ツァイス)というレンズが載っかっているらしいのです。レンズ界では有名らしく、職場のカメラ大好きなおじ様も知っていました。ギターパーツで言うところのDiMarzioとかMEG、Seymour Duncan的な感じだろうか?素人なので「Carl Zeiss(カール ツァイス)」がどれほど良いものか分からないけれど、ちょっとしたミーハー心も揺さぶってくるRX100でした。

 

ついでにカメラポーチも買ったよ

一応こんなのも買ってみました。OUTDOORのリュックをそのままミニチュアにしたみたいで可愛い。カメラ収納ポケットと小物入れも付いてる。ここにケーブル入れようかな。あと決め手は、マジックテープでカバンの肩紐などに取り付け出来る点。カラビナも付いてるけど、ブラブラさせるもの嫌だなぁと思って。

内側クッションの縁が少し分厚くなっていて、カメラなどの機器がファスナーに当たりにくい様に配慮されている。

 

結局純正ジャケットケースも買った(2018年3月追記)

上記のポーチもAmazonで純正風の激安ケースも買ってみたけど、結局純正ジャケットケースのルックスに惹かれて買ってしまってます。「あー、これ良いな」と思ったものを妥協して別の物で済ませようとしても、結局初めにビビっと来たものを最終的には買ってしまうもんです。レビューは別記事を書いてますので、気になる方はそちらもご覧ください。

関連記事
SONY RX100 純正ジャケットケースをレビュー。抜群のフィット感と、温かみのあるルックスが最高にカッコいい。

おわりに

とうとう買っちゃったよー。カメラ。20代前半、スマホも無い時代。コンデジを買って凄くワクワクした頃と同じ気持ちになりました。出かける時はいつも一緒。ふと思い立った時にパシャっと。今でも当時の写真が残っていますが、見返すと良いね。画質はスマホにも及ばないけれど、それでも良い。
今はスマホのカメラと常に一緒にいるのに、何故かワクワクしないんですよね。なんなんでしょうね、この気持ち。思い出は色褪せないという事でしょうか。

 

正直、「スマホのカメラが高性能な時代にコンデジなんて…」と舐めていましたよ。ベッロベロに。でもね、用途や使用頻度、携帯性、どこまでのクオリティを求めるのか…等を頭の中で冷静にシミュレーションしてみると「コンデジも全然有りだな」と今回思いました。

 

肝心のRX100で撮った写真は記事を書いている時点ではありません。SDカード持ってないから保存できないんだ、俺。
次の次くらいの記事からはRX100で撮った写真に変わるかも?

 

【追記】撮ってみた感想とサンプル

撮ってそのまま。無加工↓

雰囲気出すために、iPhoneに転送して少しフィルターかけました↓

初代RX100は接写にあまり強くないらしいのですが、ここまで寄れて、背景もそれなりにボケてくれるので、素人なのに急に上手くなった様に錯覚します。私の用途だと充分過ぎますね。

ヤバイ、写真撮るのメッチャ楽しくなった。写真撮るためにお出かけもしたい。なんかずっとウキウキしてます。そしてスマホカメラではもう満足出来なくなりそう。というかRX100を常に持っていないと心配になる。それくらい買ってよかった。

それではまた。良き1日を。

SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100

OUTDOOR デジタルカメラケース アウトドア カメラポーチ01 ブラック ODCP01BK

カメラ関係記事
瞬時に伸縮可能なdiagnl「Ninja Camera Strap」レビュー。カメラがぶらぶらせず、撮りたい時にすぐ構える事が出来るカメラストラップ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA