フィット感抜群の「SONY RX100 純正ジャケットケース」をレビュー!カッコ良くカメラを保護しよう!

コンデジの魅力ってその「コンパクトさ」ですよね。

 

なので、カバンに「ポイっ」と入れておきたい所なんだけど、流石に裸のままだとキズがついたりしないか心配。
カメラポーチとかでも良いけど、カメラそのものを落とした時が心配。という心配性の僕。

持ち運び時の余計なストレスは減らしたいし、さらに「カメラを保護しつつもカッコイイのが良い!」と言う事で、
SONY純正のジャケットケースを購入してみました。

 

「SONY RX100 純正ジャケットケース(LCJ-RXC)

 

実は社外品も一度試したことがあるんですが、イマイチ一体感に欠けるというか。やっぱり純正品のフィット感は素晴らしいですね。そして約8000円と少々躊躇してしまうお値段なんですが、それでも買って1ミリも後悔はしていない!それくらい気に入っています。RX100に対する愛着もますます湧いてきました。なので、ちょっと見せびらかし(レビュー)します。

 

スポンサーリンク

純正ジャケットケースは現行・旧型の2種存在する

まずこのケース、現行型(LCJ-RXF)旧型(LCJ-RXC)が存在しまして、僕は旧型を買いました。わざわざ旧型を選んだ理由なんですが、RX100シリーズは後継機種になればなるほど各種機能搭載により、機体の厚みが増していっているんですよね(数ミリの世界ですが)

で、旧型ケース(LCJ-RXC)の適合を見てみるとRX100〜RX100m2まで。対する現行型 (LCJ-RXF)m5m6まで。m5まで対応しているという事はm5の厚みまでカバーしていると言える訳で、僕の持っているRX100だと少しフィット感が緩くなるんじゃないか(隙間が出来る)と思ったんです。となると「m2までしか対応していない旧品の方がよりフィット感に優れるんじゃないか」と思って。(うまく説明できない)

見た目なんかは新旧変わらなそうだしね。

【追記】
2018年6月に最新機種であるm6が発表され、その後発売となっています。SONY公式サイトを見てみると純正ジャケットケース(LCJ-RXF)が使用できる様です。

見ているだけで幸せ。さすがのフィット感。

というわけで装着した姿。ケースなしの、ちょっと男っぽいルックスもカッコよくて好きですが、純正ジャケットケースを装着すると少しカジュアル寄りにシフトしますね。可愛さと上品さが堪らない…!本体の黒色と、ケースのキャメル色のコントラストに萌える。

 

全体をカバーした姿も良い。より一層優しい感じが増しました。しっかり守られている感が半端ない。カバンの中で他の物に当たって傷つく心配から解放された。

 

見にくいかもだけど、ケースと本体の隙間はこんな感じ。わずかな隙間はあるっちゃあるけど、パコパコする感じはないです。力を入れてグッと押さえれば、そりゃ多少はグニっとなるけど普通に使うぶんには何ら問題なし。

装着は三脚穴にネジでグリグリして止めるだけ。簡単。そのまま三脚も使用できるのでご安心を。

 

ジャケットケースを装着したまま充電が可能

純正ジャケットケースを選択した理由の1つがこれ。Amazonで買った激安ケースも一応充電用の隙間が設けられているんだけど、そこの造りが惜しくてケーブルがつっかえちゃうんです。充電の度にいちいちケース外してられない。はじめは「安く買うんだし、それくらい我慢するか」って思ってたけど、無理でした。

 

端子のカバーもしっかり開かる。こういうところ、すごく大事。

 

付属のストラップも地味にカッコいい

内容物はこちら。

 

ケースは上と下で分割されるタイプで、ボタンで留めます。しっかりしたボタンなので安心。

 

付属のストラップは「SONY」のロゴが入っていてカッコいい。もう少し太めのストラップがいいなーとも思いますが、当分これで運用します。

 

ナスカンを買ってきて、ストラップの先端につけておくと取り外しが楽で超オススメ。手芸用品売り場で100円くらいで売ってました。100均とかにも置いてあるんじゃないかな?

 

さすがの質感と丁寧な造り込み

素材は皮の様に見えてポリウレタンです。素材を知るまで皮かと思っていた。ほら、値段が値段だし。逆に「8000円もするのにポリウレタンかよ!」と思うかもしれないですが、実際見てみてこの質感に僕は満足しています。結構皮っぽい。むしろ皮より手入れが楽そうで、余計な神経使わなくて済むから好都合。

 

ケース内側の感じとか。ホント隅々まで美しい。縫製も綺麗で高級感出てます。しっかり守ってくれそう。

ストラップに取り付けたナスカンはここに引っ掛けよう。

 

惜しいところ

特にないです。急いで撮ろうとした時にカバー外すのがちょっと面倒かなと感じるくらい。本気で撮りにいく時は上のカバー外しておいて、ストラップで首にかけてればいいよね。

 

おわりに

何度も言いますが、約8000円とちょっと高い。注文したあと冷静になって「うわ、カメラのケースに8000円か…」と胃が少しキリキリしてきましたが、届いた時には「ヒャッホーーィ!俺のカメラかっこいいーー!」ってなってました。

カメラに全く興味のない嫁にもカッコ良さを見せびらかしたんだけど、「いくらで買ったの?」と聞かれた時はさすがに8000円とは言えず、3500円位と言っておきました。おしまい。

ソニー SONY デジタルカメラケース ジャケットケース ベージュ LCJ-RXF C

※旧型のジャケットケースはたまたま新品でゲットする機会がありましたが、今はほぼ現行型しか出回ってないかと思われます。

 

オススメ記事
ストラップで首から下げている時にカメラがぶらぶらするのが嫌なので、伸縮可能なストラップを買ってみました。
瞬時に伸縮可能なdiagnl「Ninja Camera Strap」レビュー。カメラがぶらぶらせず、撮りたい時にすぐ構える事が出来るカメラストラップ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA