「プレイステーション クラシック」レビュー。小さくてカワイイ本体に20タイトル収録!数量限定で登場!

時は1994年。
「次世代機」と呼ばれ、当時の家庭用ゲーム機戦争を戦い抜いた機体があった。

 

「プレイステーション」。

 

当時の僕は小学年で、友達の間でも「プレイステーションかセガサターンか」みたいな論争が巻き起こり大いに盛り上がった。後に超キラータイトルでもある「ファイナルファンタジー7」、「ドラゴンクエスト7」がプレイステーションから発売となり、他のハードを寄せ付けない圧倒的シェアを誇るのだった。

 

さらに「バイオハザード」シリーズや「グランツーリスモ」シリーズなど、男子心をくすぐるタイトルも数多く輩出し続け、青春時代を彩る思い出深いゲーム機となった訳です。

 

初代プレイステーション発売から28年(!)を迎える2018年12月3日、当時の思い出を小さな機体にギュッと凝縮し、可愛いらしいサイズで発売。

 

今日はそんな「プレイステーション クラシック」をご紹介です。

 

スポンサーリンク

懐かしいパッケージも再現

ソニーストアから到着したダンボールを開封すると、早速懐かしい姿が!
本体の外箱まで小さく再現。あぁー、こんな感じだったなぁ!
思い出補正かもしれないけど、この頃のパッケージの方がワクワクしたのは僕だけだろうか…。

 

パッケージ裏には収録タイトル一覧。サムネ形式がカワイイ。

 

【収録タイトル】

  • アークザラッド
  • アークザラッドⅡ
  • ARMOED CORE
  • R4 RIDGE RACER TYPE4
  • I.Q Intelligent Qube
  • GRADIUS外伝
  •  XI(サイ)
  • サガ フロンティア
  • Gダライアス
  • JumpingFlash!アロハ男爵ファンキー作戦の巻
  • スーパーパズルファイターⅡX
  • 鉄拳3
  • 闘神伝
  • バイオハザード ディレクターズカット
  • パラサイト・イヴ
  • ファイナルファンタジー7 インターナショナル
  • ミスタードリラー
  • 女神異聞録ペルソナ
  • METAL GEAR SOLID(secret code 140.15)
  • ワイルドアームズ

 

思いの外、厚みのある外箱。

 

内箱はこの様な感じで。

片手サイズでカワイイ本体

ババっと梱包やら袋から出して…ホイ!
おー、小さい!片手で持てるサイズ感!写真じゃ伝わらないけど、メチャクチャ軽いのだ(約170g)

 

PS4のコントローラーと並べてみました。

 

流石にフタとかは開かない。けど、これは飾っておくだけでもカワイイよね。

 

横の通気口。

 

コントローラー端子はオリジナルとは少し違った形状で、メモリーカードを差し込む部分もダミーとなっている。
1枚15ブロックとかだっけ?メモリーカードにラベルシール貼ったりしてね。懐かしいなぁ。

 

本体後方の端子類だけど、映像出力は流石に現代らしくHDMIで。右端が電源用。

 

電源はmicroUSBにてコンセントから確保します。注意したいのが、ケーブル(写真左側)は付属するものの、USB用ACアダプター(写真右側の四角いやつ)は付いていないので、別途用意する必要があります。
※アダプターはUSB Type Aを搭載した、5V/1.0A以上出力可能なモノを用意しましょう

コントローラーのサイズはそのまま

任天堂「ファミコンミニ」はコントローラーまでミニサイズになっちゃって、プレイしずらい声もチラホラ(スーパーファミコンミニは改善)。このプレイステーションクラシックも快適にプレイできる様、コントローラーはオリジナルサイズそのまま。しかも2個付いてくる。

 

この十字キーで格ゲーやるとメッチャ親指が痛くなったもんです。この辺、セガサターンの十字キーの方が好きだったなぁ(ネオジオCDの十字キーが一番好きだが)。まぁ、その辺も良い思い出!
あ、あと昔のコントローラーって今みたいにワイヤレス用のバッテリーとか内蔵してないから、すっごく軽い。

 

端子の形状こそ違うものの、持ち手部分なんかはしっかり再現されている!

懐かしい起動画面

という訳で、起動!ランプ類もちゃんと点灯します。

 

この画面も懐かしいなぁ〜。それにしても結構恐い(?)起動音だよね。当時、本体と同時に買ったソフトがバイオハザードだったため、余計に怖さが増した思い出。嫌いじゃない。

 

ゲーム選択画面。

 

ゲームのセーブデータは”仮想の”メモリーカードなんてのがあって、タイトル毎に本体内へ保存可能。

 

「再開ポイント」なる機能も。簡易セーブ的な認識で良いかと。

思ったこと

ゲーム大好きの嫁さんとも話してたんだけど、ちょっと収録タイトルが偏ってるかなー?なんて。
個々に思い入れのあるタイトルがあると思うので、これは難しい所。

アークザラッドを2作も入れるなら個人的には「グランツーリスモ」とか「みんなのGOLF」、「ぷよぷよ通」とか、2人でワイワイ遊べるタイトルをもっと入れて欲しかったなぁーとか。アークザラッド好きな人、ごめんなさい!(ウチの嫁さんは喜んでた)

「ストIIのパズル入れるなら、普通に格ゲーのやつにしてよ」って気がしないでもない。
まぁ名作が多過ぎて、20タイトルに絞るのって難しいよ。うん。

プレイステーション2クラシックもよろしく

そんな訳でとっても懐かしい気分になりました!
当時の思い出が溢れてきて、ふと「俺、こんなにオッサンになったんだな…。」と我に返る瞬間たらもう、ね。
そういうアイテムです。

もし「プレイステーション2クラシック」なんてのが発売されるとしたら、絶対買うよ(ドラゴンボールZ スパーキングシリーズ入れてね)!よろしくお願いします。

それでは!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA