Panasonic LEDランタン(球ランタン)がカワイイ!夜中の授乳・オムツ替え、停電時にやさしい明かりを。

地震、台風などもしもの時、セットの様に起こる停電。
停電って、今まであった日常がふと消え去るような不安を感じるんですよね。

 

スマホの明かりで凌ぐことも出来なくはないけれど、安否確認やここぞ!という時の連絡ツールとしてバッテリーは温存しておきたいところ。

 

僕は岐阜に住んでいますが、各地で地震がある度に「次は東海大地震だ」なんて話題になって、ホント他人事と思っていてはダメだなと。そんな訳で、もしもの時に備え、非常用のランタンを購入してみました。

 

「Panasonic LEDランタン(球ランタン)

 

個人的に蛍光灯のような青白っぽい光が苦手で、なんか逆に不安になっちゃって。
これなら電球色なので少しは落ち着きそう。見た目も可愛くてホッコリ。

 

では早速「Panasonic LEDランタン(球ランタン)」をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

完全に「電球」な見た目のLEDランタン

最大の特徴とも言えるのが「電球そのまんま」なこの見た目!ホントはもっとアウトドア的なやつも候補になっていたんだけど、これなら使わない時に部屋に置いてあっても周囲に溶け込んでくれそうだなーみたいな。電球色フェチとしては究極のルックスであります。

 

スタンドから外すことも可能で、

 

手に持って懐中電灯的な使い方も出来ますよっと。

 

サイズ的にも本物の電球と同じくらい。知らない人が見たらリアル電球と間違えるかも。素材もプラスチック(?)なので、最悪落としても危険度は少なそう。そして軽量。ただ、球の部分がガードされていないし、タフな感じではないのでアウトドア用途にはあまり向かない気がします。

この見た目からは想像が付きにくいけれど、実は防水機能も備わってるんですよね。「防滴形」の防水なので、多少の雨なら耐える事ができます(「生活防水」だと水に沈めてもOKだけど、これはやっちゃダメよ)

 

電源は単三電池3本。乾電池の「エボルタ」を使用すると「弱」モードで約1,000時間、「強」モードで約40時間連続仕様が可能だそうで。

 

明かりのオン・オフは底のスイッチで行います。

 

指でスイッチを押しても良いけど、スタンドに置いた状態で上からグッと押し込んで点灯してもOK。ただ、この方法だとスイッチの機械音が結構響いて、夜中とかは少し気になるかも。ちなみにLEDなので、本物の電球と違って熱くなりにくい点は超グッド!小さな子供が触っても安心。

 

ライトオン!良いねー。電球色が好きな人はきっと気に入るはず。

 

シーンに合わせて使いたい「強弱」切替え機能

光り方は強と弱の2種類があって、まずは弱モード。赤ちゃんの夜中のオムツ替えや授乳時に「ほわん」と照らすのに丁度良いと思います。真っ暗からいきなり電気つけると眩しいもんだから、結構気を遣うのよ。

あとウチの子は何故か夜中に鼻血を出しちゃうことがあるんだけど、急に灯りをつけると眩しさで余計に機嫌悪くなって、暴れて悲惨なことになるのでこれくらいの明かりはとってもありがたい。

 

こっちが「強」モード。結構明るくて、40Wの電球よりチョイと暗い程度かな(個人的感覚)。停電時には充分な明るさだし、紐で吊るして広範囲を照らすのもアリ。ちなみにスイッチを押すごとに弱→強→オフ→弱…と切り替わっていきます。

 

もう少し引きで撮った「弱」モード。

 

「強」モード。

 

Panasonic LEDランタン(球ランタン)まとめ

Panasonic LEDランタン(球ランタン)のココが良い!

  • 見た目が可愛くてほっこり
  • 電球の様に熱くなりにくい
  • LEDなので長寿命
  • 電球色の優しい光
  • 防水機能
  • ポンと押すだけのシンプル操作
  • 手で持って懐中電灯代わりにもなる
  • 二段階の明かりでシーンによって使い分けできる
  • 軽量
  • シンプルデザイン

Panasonic LEDランタン(球ランタン)のココが惜しい!

  • 球部分が剥き出しなので外部からの衝撃に気を遣う(デザイン的に仕方がない)
  • スタンドに置いた状態だとスイッチ音が「バチン!」と結構デカい

やさしい光をすぐそばに

もしもの時にやさしい光があるって、良いですよね。視覚的にも、気持ち的にも少しは安心出来そう。
寝室の枕元や家族の集まる場所に「ポン」と置いておくと良いのではないでしょうか。

 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA