「Orusand(折るサンド)」食パン1枚で簡単にサンドイッチが完成!そのままケースとして持ち運びが出来て便利!

僕は今サラリーマンなのですが、ランチタイムには「食パンをそのまま食べる!」というスタイルをかれこれ3〜4年続けてきました(たまには違う日もあるけど)

 

一応誤解のないように言っておくと、嫁さんとは冷戦状態が続いているわけでもなく「言ってくれればお弁当作る…よ?」と言ってくれているので、夫婦関係は良好。ただ僕が勝手に「毎日申し訳ないな」とか「洗い物とか増えるし色々面倒」と思っているだけでして。あと、食パンは安いっていうね。

 

しかし流石に食パン生活も飽きてきた!
せめて食パンに何か挟んで行きたいけれど「毎朝作るのに時間かけたくないし、ラップに巻いて持ち運ぶのもなんか嫌だなぁ」と思ってて。

 

そんな所に良さげなのを見つけました。

 

「Orusand(折るサンド)

食パン…というかサンドイッチケースなんだけど、食パンをケースの上に置いて、具材を乗っけて、ベコっと折りたためばあっという間にサンドイッチが完成!

という素晴らしいアイテム。
食パン1枚で手軽に出来てしまうという、これぞ僕が探し求めていたアイテム。

 

そんな訳で、写真と共にもう少し詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

そのままケースになるから持ち運びラクラク

3つセットになっていて700円前後、早速袋から1つ出してみました。僕が買ったのはクリアカラーだけど、カラフルなビタミンカラーなんかもあったりします。

横から見ると結構薄くて。食べた後も折りたためばこの形状になるので、荷物がスッキリ。素材は下敷きのような、グニョっと曲がる感じです(ポリプロピレン)

 

説明書を見ると複雑に見える使い方。だけど、食パン置いて具材乗せて折り曲げて封するだけの超シンプル動作。

 

で、完成するとこんな感じに出来上がるんですな。うん、片手にスッと収まるサイズ感で持ちやすい。

忙しい朝でも簡単にサンドイッチが出来上がる

さて、試しに一度作ってみまーす。

まず、食パンを乗せます。ロゴが上に来るようにして、食パンの位置は一番下に合わせましょう。ちなみに、写真では山型食パンだけど、普通の食パンの方が良いと思います(理由は後述)

 

続いて具材を乗せます。食材を用意していなかったので…とりあえず家にあった「モーニングステーキ」というハム的なものを今回はそのまま乗せます。

 

ホイッ。

 

ここからが「折るサンド」の真骨頂、

ただ「折る」!

写真を撮るために片手でやっていますが、実際は両手でパンの中央を指で抑えつつ、ベコっと折り曲げます。慣れるまでちょっと難しい。

 

で、しっかりと封をします。

 

ちなみに横から見るとこんな感じで。パサパサの食パンとか、耳の分厚い山型パンだと曲げた時にパンが折れちゃうので、普通の形をしたしっとり目の食パンの方が良い気がします(それでも折れる時ある)

 

両サイドも封を留めます。

 

完成ー!

 

イェイ!

 

普通に食パン折り曲げただけなのに、なんだか美味そうに見える!
これで野菜とか挟んであったら更に映えそうな。

とりあえず、今まで食パンの袋ごと持ち運んでいてかさばってたのが、超スッキリ。
今の所カバンの中で潰れるってこともないし、食べた後は小さくたたんでおけるし…で、僕のような人間は買って大正解!良いね!

「Orusand(折るサンド)」まとめ

「Orusand(折るサンド)」のココが良い!

  • 食パン1枚で簡単にサンドイッチが出来ちゃう
  • サランラップとか不要でそのままケースとして持ち運びできる
  • 食べた後も折りたたんでコンパクト化
  • なんか美味しそうにみえる
  • 洗うのも簡単

「Orusand(折るサンド)」のココが惜しい!

  • 洗った時場所とる
  • パンを取り出す時にケースが手に当たって痛い
  • 横の封を開けて取り出すんだけどパンによっては取り出しにくい
  • 折り曲げるのにチト慣れが必要(?)

毎日を楽しく、手軽に。

そんな感じでランチ、ピクニックなんかにいかがでしょうか?
簡単に出来ちゃうので、「今日はどんな具材にしようかなー?」なんて考えると、毎日が少し楽しくなるかもしれません。

食パン派の皆様、お試しあれ!

 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA