ニトリの”拭ける”トイレマットとフロアマットにしたらお手入れ楽々で快適になった。

トイレマットを買い換えました。ニトリのやつ。1年くらい使ってたのかな、多分。
年季が入ってきたってのもあるけど、今まで使っていたトイレマットの嫌なところがあって、それは…

 

ゴミや毛(髪の毛)が絡まって取りにくい。

 

トイレマットって毛羽立ってるタイプ多くないですか?そこにゴミや毛が入り込むと、洗濯してもくっ付いたままだったりするんですよね。いくらトイレ掃除をしても汚く見えて嫌だったんです。我が家のトイレ掃除担当者としては気になるところでありました。

 

んで買い換えるなら「布や毛羽立ってるのは止めよう」って事でニトリの拭けるタイプにしました。

%name %title

これならゴミや毛が絡まることもないし、濡れてもサッと拭けて良いですね。結論は、見た目・気分的にもスッキリして快適です。最高だー!

 

スポンサーリンク

温かみのあるリアルな木目調

%name %title

僕が買ったのは木目調の「ライトブラウン」ですが、白っぽい木目調の「ホワイトウォッシュ」なんてものあります。トイレの雰囲気に合わせて選びましょう。もちろんプリントの木目ですが、中々リアル。温かみがあって良いです。

%name %title

裏面はこんな感じです。

%name %title

設置した様子。良い感じに馴染んでステキ。床が白っぽいので「ホワイトウォッシュ」か迷ったんですが、こっちのカラーにして良かった。サイズは幅約60cm×奥行き55cmです。

「撥水加工」だから汚れても拭ける

このマットの特徴とも言えるのが「撥水加工」という点なので「小」がこぼれても安心です。僕は立ってしないのでこぼれる事はありませんが、子供のトイレトレーニングが始まったらはっ水加工の恩恵を受ける事が出来るのでは?と期待しています。

%name %title

試しにこぼしてみました。水なのでご安心を。染み込まずに、しっかりと弾いています。でも、なるべく早く拭き取った方が良さそう。放置してると、木目調のつなぎ目とか隙間に染み込みそうな気がします。

マットに落ちているゴミや毛は掃除機で吸っても良いし、コロコロかけても良いし、とにかく手入れが楽で買って大正解。税込みで999円という価格も魅力ですね。

気になる点

%name %title

冬は足が冷えるのと、裏面の滑り止め加工のグリップがもう強力だと良かったかな〜。ウチのトイレの床だとちょいちょいズレるのが気になります。

あと、ゴミなど取りやすいのは良いけれど、縁取りの部分にゴミが溜まりがち。フローリングモップなんかでザーッてやると思いっきり縁に入り込むので、掃除機かコロコロがオススメです。

【おまけ】 キッチン用フロアマットも買った

%name %title

ついでに同じような素材のフロアマットも買って来ました。フロアマットってなってるけど、キッチンマットですね。キッチン用品コーナに置いてあります。こちらは少し濃い目の木目調にしました。

キッチンマットも、刻んだ食材とか落とすとマットに絡まって嫌だったんですよね。その煩わしさから解放された…やったぜ!

%name %title

表面はクロコダイルっぽく?ボコボコとしています。意外とツルッとしていて、靴下履いてると滑りそう。子供とかが走り回ってると危ないので、はしゃぎ過ぎに注意してください。

%name %title

裏面はトイレマットと同じような感じ。

%name %title

敷いてみました。50×180cmをチョイス。良い感じのサイズ感締まりが出て◎。

こちらもトイレマットと同じく撥水加工なので、拭けるのが良いですね。税込み1490円の割に防炎加工、抗菌加工、防カビ加工の至れり尽くせり。

おわりに

少額の投資で生活が快適になるアイテムって良いですよね。毎日使う場所は特に汚れやすいので、手入れのしやすさは重要です。気になった方はお試しくださいませ。

%name %title

【関連記事】
1本100円 (税込)以下の無印良品「隙間掃除シリーズ」使ってみました!値段も使い心地もグッド!

%name %title

 

\読んでくださりありがとうございます!シェアして頂けると喜びます/
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA