「カメラはじめます!」がマンガ形式で読みやすい!初心者入門書の1冊目として超オススメ。

カメラを始めたばかりの頃、思い通りの写真が撮れなくてイライラ。撮った写真が自分の思い描いているものとかけ離れているんですよねー。本を読んだり、ネットでノウハウを収集しようとするんだけど、専門用語が多くて中々頭に入ってこないし。

ここ最近になってやっと「絞り」だとか「露出」、「ホワイトバランス」の設定が出来るようになってきて、写真を撮るのが楽しくて仕方がない。で、さらに基礎を固めて磨きをかけたいなって事で買ってみた本がコチラ。

「カメラはじめます!」こいしゆうか(著) / 鈴木知子(監修) ※Kindle版

%name %title

この本、SNSなんかでもよく見かけて気になっていたんです。そしてデカデカと「覚えることは3つだけ!」と書かれたキャッチコピー。この3つというのが「絞り」「露出」「ホワイトバランス」でして、これ意識するだけで写真って見違える様に上手く撮れるんです。

飲み込みが悪く、これらを苦労して覚えた僕としては「もっと早くこの本に出会いたかった!!」と思うばかり。

ゆるいタッチのマンガで凄く読みやすいし、重要な事は分かりやすくまとめられているので「これからカメラ始めようかな」とか、僕と同じ様な初心者の人が更にステップアップするのに最適だと思います。

 

スポンサーリンク

噛み砕いた表現&マンガ形式でスラスラ読める

%name %title

小難しい文章が並んでるとそれだけで勉強意欲が下がってしまうけど、マンガ形式なのでどんどん読めちゃいます。ちょっと女子向けな、ユルいタッチの絵柄が可愛い。読んでて「あるある」なシーンも数多く、共感しながら読めます。

%name %title

聞きなれない専門用語って、その言葉自体が覚えられなくて内容がちっとも頭に入ってこないんですよね。僕がカメラに興味を持ち始めた頃なんて「絞り」とか「開放」って言われても「絞りって…なにを絞るの?ぞうきん?」「かいほう?なにそれ?」くらいのレベル。

この本だと、例えば「絞り=ボケ具合を変えること」みたいにザックリと噛み砕いた表現がされてて、専門用語自体の分かり難さでつまずくことが無いんですな。

覚えることは3つだけ!特に熟読したい「第3章」

%name %title

  • 絞り=ボケ具合
  • 露出=明るさ
  • ホワイトバランス=色味

この3つ。これさえ覚えておけばかなり写真は変わるので、詳しく書かれている「第3章 覚えることは3つだけ!」は特に読んでほしい部分です。これらが上手く設定出来るようになってくると、自分の思い描いているイメージと撮った写真のギャップがより縮まってくるんですよね。

%name %title

マンガチックで、要点も上手くまとめられているので繰り返し読むのも苦じゃない。なんて言うか、学生の頃に借りた「女子のノート」みたいなのよ(なんであんなにノートまとめるの上手いんですかね)。文字の雰囲気とか、ふんわりした色使いとか。

%name %title

時折挟み込まれる豆知識情報も分かりやすい。パッと再確認したいときに良い。

一眼ユーザー以外にもオススメ!

%name %title

「マンガでわかりやすい一眼レフカメラの教科書」と謳ってあるけれど、コンデジユーザーにも全然オススメ!実際に僕もコンデジユーザーでして。一眼レンズの種類について触れてたりするけど、それはそれで勉強になるし。

その他紹介されている構図についての話とかシチュエーション別のコツなんてのは、一眼orコンデジに限らず使えるのでムダなく読めます。コンデジからカメラにハマると、大体の人が一眼欲しくなってくると思うので、簡単なレンズ紹介のページもありがたい。

おわりに

まずはこれ1冊買えば、基本的な事は大体学べちゃうと思います。スラっと読めるし、分かりやすい。

この本をどんな人に1番読んで欲しいかと言うと、「過去の自分」かもしれない…!
あれこれ読んだり調べたりした時間とは一体…

まぁそれは置いといて、初心者の人も、これからカメラ始めたいって人にも是非オススメの1冊。
絶対に写真が楽しくなると思います!

【コチラもどうぞ】
ログやSNS用に使っているオススメの写真編集・加工アプリたちを厳選して5つ紹介してみます!

%name %title

 

\読んでくださりありがとうございます!シェアして頂けると喜びます/
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA