iPad mini(第5世代)を購入。片手で持てる、絶妙なサイズ感についてのお話。

%name %title

タブレット端末は今までAndroid系しかもっていなくて、それも3〜4年前のモデル。「ガジェット」というジャンルからすると3〜4年という時の流れはかなり長いものだと思うんですよね。やっぱり動作もカクカクっとしてるし、コンテンツを楽しめない訳ではないけど、快適性に欠けるというか。

この度、「快適性のためだけに」新しく端末を買い換えるという贅沢な行いをしまして。
そして購入したのが、2019年の春にアップデートされた 「iPad mini(第5世代)」。僕にとって初のiPadでございます。

10インチ、何なら12インチなんてものある昨今のタブレット事情を考えると、7.9インチというこのiPad miniは比較的小さ目な部類に属するかと思います。

しかし、「このサイズにしてよかったな〜」と思えるのは、 片手で持つことができて、取り回しの良い絶妙なサイズ感にあります。

スポンサーリンク

7.9インチの「iPad mini」を選んだ理由

%name %title

今まで使ってきたタブレットは、7インチと10インチサイズなのですが、

  • 7インチ → 取り回しは最高に良い。だけどもう少し大きなディスプレイがいいな。Kindlで雑誌とかキツい。
  • 10インチ → 画面大きいのは良いけど重い。布団でゴロゴロしながらはしんどい。使うのが億劫になります。

こんな感じで、どちらのも良い所・惜しい所がありました。

今回のiPad選びの際、「大は小を兼ねる」的発想から、9.7インチの「iPad」にしようか、それとも10.5インチの「iPad Air」にしようか非常に迷いまして。しかし、今まで10インチサイズを使ってきて、あの大きさは中途半端にデカイし重いしで、懲り懲りだったんですよね。(さらに大きな「Pro」は当然候補に挙がらず)

じゃあ7インチの取り回しの良さと、10インチの見やすさのちょうど中間に位置する「iPad mini」が僕には合ってるんじゃないか、ということだったのです。

そしてやっぱりiPad miniにして大正解。7.9インチ(約8インチ)という絶妙なサイズ感が大変気に入っています。小さ過ぎず、大き過ぎずというか、 サッと手に取りたくなる感じ

%name %title

手のサイズにもよりますが、片手でグワッと掴めてしまいます。これが大きなポイントで、電子書籍を読んだり、Apple Pencil(持ってないけど)でメモ帳感覚で使うには、ほんとにグッドサイズだなぁと。

スペースグレー、カッコ良い。

%name %title

カラー展開は「シルバー」「スペースグレー」「ゴールド」の3色。こちらは 「スペースグレー」です。

%name %title

僕はApple製品と言えば白とかシルバーのイメージがあるのですが、ちょっとダークな色合いもカッコ良いですね。この色にして良かった。

%name %title

スペースグレーだと、 ベゼルの色も黒に。これがまた引き締まった印象になって、気に入っている部分でもあります。

%name %title

「iPad Pro」に比べて 太めのベゼルがちょっと古臭く感じてしまう人もいるかもですが、個人的にはこれくらいのベゼルの方が、手で持った時に指でディスプレイが隠れにくくて好みだったりします。

上下のベゼルが特に太いのですが、これはYoutubeやAmazon Primeビデオを手で持ちながら、横向きで視聴する時には特に良いな〜と思っています(指が邪魔にならないので)。

あとは、 Retinaディスプレイが採用されているのはもちろん、周囲の環境に合わせて自動でホワイトバランスを調整してくれる 「True Tone」機能が搭載されているので目に優しいらしい。

%name %title

薄さが約6.1ミリで、ちょうど「何か板切れ持ってる」感。この薄さとサイズが相まって、ついつい手に取って使いたくなるんですよね。

%name %title

背面のカメラは、 レンズが出っ張っておらずフラット。よって、置いた時にガタガタしないのが良きなのです。ちなみにiPad mini(第4世代)などとはカメラの位置が微妙に違っていて、ケース類が流用できないっぽいのでご注意を。

%name %title

貴重な(?)イヤホンジャック。お気に入りのヘッドホンを使いたい人にとってはありがたい仕様です。

%name %title

充電端子はライトニング端子です。その両サイドにスピーカーが配置されています。

%name %title

充電器はMacBookの充電器を小さくした様な感じで可愛い。これならカバンの中に入れておいても、そんなに邪魔にならないですね。

Kindleなどの電子書籍に良いと思う

普段使っているiPhoneが「SE」なので、ものすごく画面が小さいんですよね。外出時に軽く調べ物するのには良いけど、ちょっと腰を据えて…って時には情報量が少な過ぎて。なので、ソファーや布団で寝転がりながら調べ物したり、動画とか観たりする時に、このiPad miniは良い仕事してくれます。

もちろんKindleなどの電子書籍を読むのにもバッチシ。実は「Kindleを快適に読みたい!」という目的もあって、 片手で掴めるサイズにして良かったなぁと思うし、7.9インチというサイズでも文庫本やHOW TO本的な読み物には十分なサイズでした。POPEYEの様な雑誌も結構イケる。

動作的な面では、 A12 Bionicチップの恩恵もあってかヌルヌル動いてくれるので、ページをめくるアニメーションなどは非常に滑らか。本を読んでる感あってGoodです。

その他

スマホゲームはやらないので何とも言えないけど、先述したA12 BionicチップはiPhone XSなどに搭載されているチップと同じ物らしいので、近年のスマホゲームなら問題なくプレイできるんじゃないかなと。

あと、このiPad mini(第5世代)からApple Pancilにも対応しましたが、Apple Pencil(第1世代)にしか対応していないので注意です。(本体にパチンとくっ付くやつじゃなくて、本体にぶっ挿すやつね…)

まとめ

こんな人にどうぞ

・普段持っているスマホが小さくて調べ物用でタブレット端末が欲しい
・寝転んでゴロゴロしながら使いたい(さすがに仰向けで長時間は疲れる)
・小さ過ぎず大き過ぎずなタブレットを欲している人
・サクサク動くやつがいい
・Kindleなどの電子書籍を快適に利用したい
・Apple Pencilに対応した

惜しい所

・スピーカーの配置故、横向きにしたら片方からしか音が聴こえない
・Apple Pencilは第1世代のみの対応なので充電中の姿は…
・アスペクト比が4:3なので近年の動画視聴の際は上下に黒帯ができる

おわりに

そんな訳で、主にiPad mini(第5世代)のサイズ感について書いてみました。

その他細かなスペックは、公式サイトやその他詳しく書かれているブログで調べていただくとして。サイズさえ気に入れば、その辺りのスペック的な事は何も考えずに買ってしまっても、大半の人は快適に使用できると思います。

気になった方はショップでお手にとってみてください。

Apple公式  https://www.apple.com/jp/ipad-mini/

 

\読んでくださりありがとうございます!シェアして頂けると喜びます/
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA