「ANKER(アンカー) Sound Core」レビュー。ワイヤレスの快適さと音質の良さを兼ねたコスパ最強のBluetoothスピーカー!

音楽を聴く時に、コンポってすっかり使わなくなりました。CDも買わなくなってしまって、音楽はMP3での購入がほとんど。CDで買う時といえばデジタル版でも販売していないような、非常にマイナーな作品が欲しい時。

 

更にAmazonミュージック等の聞き放題的なサービスを利用し始めてからコンポ離れがますます加速しています。たぶんもう電源を入れることはないでしょう…。

 

家のリビングでBGMとして音楽を流したいシーンが結構あって、そういう時はいつもiPhoneやスマホの音量をグッと上げて流していましたが、キンキンうるさいんですよね。そんなこんなで「ちょっとしたBluetoothスピーカーが欲しいな」と思って入手したのがこちら。

 

「ANKRE(アンカー) SoundCore」
IMG_7562-e1517521131434 「ANKER(アンカー) Sound Core」レビュー。ワイヤレスの快適さと音質の良さを兼ねたコスパ最強のBluetoothスピーカー!

現時点で後継品の「SoundCore2」が存在しますが、今回は旧機種である「SoundCore」が我が家にやってきました。

 

まず感想を言っておくと「この値段でこの音、ホントに良いの?アンカーさん」です。もちろんいい意味で。
というわけでレビュー、いってみましょう。

 

スポンサーリンク

バランスの良いサウンド

まずは気になるサウンドレビューですが、はじめは「BGMとしてリビング全体に流せればいいや」程度に思っていて、正直期待はしてませんでした。だって3000円前後の安いBluetoothスピーカーだし。

ところが、どうよ!

迫力満点…とまではいかないものの、BGMとしては充分な低音と、適度な中域。
高音も安物にありがちなシャカシャカ・キンキンした感じがあまりない。

全体の音像としてすごく聴きやすい…!なにこれ…。

 

もう少し細かく言うと、

・ハイ(高域)
ドラムのハイハットやヴォーカルの高音域が耳に刺さる感じもないし、それでいて充分音が抜けてくる。

・ミドル(中域)
必要最低限に出ていて、音に芯を与えている感じ。

・ロー(低域)
「ズンッ」という重たさはないけど、ハイとミドルを支える為にギリギリな量は出ている感じ。音の輪郭もハッキリ目で聴きやすい。

 

人によって感想はそれぞれかと思いますが、以上が僕の感じた「SoundCore」の音像です。気に入りました。

 

小さな本体の割に結構な重さなのですが、これもミドル〜ローのサウンドをどっしりと支える要因にもなっている気がします。
16畳のリビングで鳴らしていますが、iPhoneでいうとボリューム1〜3くらいで、独り作業には充分な音量。MAXにしたら近所迷惑になるんじゃ?ってくらい(試してないけど)

どこでも置ける小さな本体

表はこんな感じであみあみになってますが、金属で硬いです。普通のネットだと破れそうで気を使うけれど、これならちょっと雑に扱っても良さそう。ガンガン使いたくなります。
IMG_7574-e1517521188809 「ANKER(アンカー) Sound Core」レビュー。ワイヤレスの快適さと音質の良さを兼ねたコスパ最強のBluetoothスピーカー!

 

裏面にもうっすらとANKERの刻印。
IMG_7573-e1517521226133 「ANKER(アンカー) Sound Core」レビュー。ワイヤレスの快適さと音質の良さを兼ねたコスパ最強のBluetoothスピーカー!

 

端子類は左から、

  • マイク(ハンズフリー通話用)
  • microUSB(充電用)
  • AUX(Bluetooth非搭載の機器と接続用)

で、右端の小さなポッチはバッテリー表示です。充電が無くなった時や、充電中は赤く光ります。満充電から24時間連続再生が可能で、1日2〜3時間の使用なら2週間くらいは持ちますね。これなら充電頻度も少なくてストレスになりません。中々の体力。
IMG_7571-e1517521258445 「ANKER(アンカー) Sound Core」レビュー。ワイヤレスの快適さと音質の良さを兼ねたコスパ最強のBluetoothスピーカー!

 

ペアリング中はスマホ側にバッテリー残量の表示が。
FullSizeRender_5-e1517521471212 「ANKER(アンカー) Sound Core」レビュー。ワイヤレスの快適さと音質の良さを兼ねたコスパ最強のBluetoothスピーカー!

Bluetooth4.0で最大約20m離れていてもペアリング出来ます。日常でそんな使い方しないと思うので、よっぽど不便は感じないかと。スマホやIPhoneとの接続も超簡単。箱から出してスピーカー本体の電源入れる→スマホ側でBluetoothをオンにするとスピーカーの名前が表示されるので、それを選択するだけ。

 

ボタン類がカワイイです。写真では分かりにくいかもだけど、光沢の無いマットな質感。手触りも表面はシリコンっぽくてホールド感抜群。滑り落ちることも無さそう。
IMG_7569-e1517521504353 「ANKER(アンカー) Sound Core」レビュー。ワイヤレスの快適さと音質の良さを兼ねたコスパ最強のBluetoothスピーカー!

 

付属品は充電に使用するケーブルのみでシンプル。サイズ感はホントに500mlのペットボトルって感じで、それより少し縦が短いくらい。これなら持ち運びも楽々で、家中どこにでも置いて音楽を楽しめてしまう。この快適さは一度体験すると抜け出せません。

IMG_7568-e1517521539789 「ANKER(アンカー) Sound Core」レビュー。ワイヤレスの快適さと音質の良さを兼ねたコスパ最強のBluetoothスピーカー!

IMG_7567-e1517521569734 「ANKER(アンカー) Sound Core」レビュー。ワイヤレスの快適さと音質の良さを兼ねたコスパ最強のBluetoothスピーカー!

 

気になる点

特にないですが、敢えて挙げるとすると「ボタンが硬い」。結構グッと押し込まないといけません。音量の上下はそこまで苦にならないけど、電源のオンオフは長押しなので結構力が要ります。きっと突き指している指では電源入れれません。それほどに硬いですが、むしろ誤操作を防げて良いのかも。

 

ワイヤレスって最高。

いやぁー快適ですね、ワイヤレスって。ケーブルを気にせず、どこにでも置けるのって最高!
そしてこの音質。音に相当こだわりがなければ充分過ぎるくらいだと思うし、コスパ的には最強だと思います。

なんか音とは関係ないんだけど「こんな便利過ぎる世の中に身を投じていて、ホント人間大丈夫かなぁ」って思っちゃいました。

後継機種の「SoundCore2」はさらに低音が出て、防水機能もついてるみたいですが、旧機種でこのクオリティーだと「後継機種は一体どんな感じなんだ?」と期待せざるを得ません。新・旧機種の価格差は約1000円程度なので、「少しでも安くワイヤレススピーカーを手に入れたい」というならこちらの「SoundCore」をどうぞ。

是非ワイヤレスの魅力にハマってください!

 

 

【オススメ記事】
もうひとつの「SoundCore」。これも生活が変わるレベルで快適です。
スタイリッシュなワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Air」買ってみたよ。Zolo Libertyと比較しながらレビュー!
D4C7932F-53B8-4EB5-AAC7-936FEDCCCDB8 「ANKER(アンカー) Sound Core」レビュー。ワイヤレスの快適さと音質の良さを兼ねたコスパ最強のBluetoothスピーカー!

 

 

\読んでくださりありがとうございます!シェアして頂けると喜びます/
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA