評判が良いのでANKER(アンカー)のモバイルバッテリー買ってみました。軽い、小型でこれぞ「モバイル」!

巷での評判がやたら良いので買ってみました、ANKER(アンカー)のモバイルバッテリー。
それに、現在使用しているモバイルバッテリーがクソ重たくて、モバイル感ゼロなんだもの。

失礼な事を言ってしまいますが、ANKER(アンカー)って「やたら安い、チープ」な先入観があって、今まで手を出しませんでした。ましてやモバイルバッテリーなんて、爆発とかしたら嫌じゃないですか。

しかし元Googleにいた方が立ち上げた会社の様で、そうとなれば信頼度もバッチリだし、実際商品を購入してみて「あぁ、コレ、買って良かった」と思っています。

さて、今回買ったモバイルバッテリーは「Anker PowerCore 10000」というタイプで、購入した時点ではAmazonベストセラー1位でした。10000mAhクラスでは「世界最軽量・最小」だそうで。

 

そんなANKERのモバイルバッテリー、開封してみましょう。

 

スポンサーリンク

パッケージ

%name %title

3000円もしないこのモバイルバッテリーにこのパッケージ。洒落てます。しっかりして、感触の良い箱ですね。

%name %title

「安価なモバイルバッテリーなんだから、もっと適当なパッケージでも良いのに」と思うんだけど、こういった部分が購入者の満足度を高めてくれたりするものです。白と青を基調として爽やか。

%name %title

パカっとめくると、フラットデザインっぽい雰囲気が良きです。オシャレなパッケージだと商品への期待感も高まりますよね。ワクワクします。

スポンサーリンク

シンプルだけどチープ感があまりない付属品たち

%name %title

同梱されている物はモバイルバッテリー本体、充電用ケーブル、ポーチの3つ。シンプル。

%name %title

ポーチは正直「おまけで付いてくる袋でしょ?」と思ったけれど、意外とクッション性のある手触りで、しっかりと本体を保護してくれそう。見た目は至って地味ですが、とりあえずこのまま使っちゃいます。ありがたい。

%name %title

付属のケーブルもANKERの刻印までされていて、何気に良い。これがもし刻印も何もない単なる付属品のケーブルだったら「ふーん」といって箱の中にしまったままでしょう。このちょっとした刻印のおかげでチープさがかなり払拭されています。

カードサイズに詰め込まれた大容量10000Ah

%name %title

カラー展開はブラック、ホワイト、レッドの3色。僕はブラックにしました。本体はサラサラっとしたマットな触り心地で、これまたANKERの刻印がされていてカッコイイ。マットな仕上げは指紋とか手の脂が目立たなくて良いですね。

そしてカードサイズなのに10000mAhの大容量。余計な装飾もなく、丸っこくてストン!っとカバンの中に入っていきそう。厚みは約2.2cmとそこそこあります。

%name %title

イン・アウトの2端子のみでシンプル。スイッチ類もなく、挿すだけでバッテリー補給し始めるのでメカ音痴なウチのオカンでも使えそう。接続した機器に応じてフルスピード充電するそうですよ(最大出力2.4A)

特徴でもある小型・軽量さは?

%name %title

当モバイルバッテリーの特徴とも言える小型・軽量感はどうでしょう。近くにあったモノたちと並べてみました。

左から、今まで使用していたモバイルバッテリー→iPhone6→iPhoneSE→当モバイルバッテリー→カード。撮影角度が真上からでなくてアレですが、確かにカードのサイズ感。良い感じの丸みを帯びていて、手の中にスッと収まります。

%name %title

今まで使っていた「BESTEK」のモバイルバッテリーは265g。スリムなのにめっちゃ重いのが残念。文鎮レベル。今まで僕はカバンの中に文鎮を持ち歩いていました。

%name %title

対するANKERは179g

86gも軽量されました。「それだけか」と思うかもしれませんが、常に持ち歩く荷物の86gって中々侮れません。卵1個60gらしいので、卵1個半くらい軽量できました。

卵なんて持ち歩かないので、イメージできませんよね。とにかく、カバンが重いという苦痛は軽減されました。

Anker PowerCore 10000まとめ

ココが良い

  • 10000mAhクラスのモバイルバッテリーとしては世界最軽量
  • 必要十分な容量なのに手のひらに収まるモバイル感
  • サラサラとした触り心地
  • 付属品が「使おう」と思えるレベル
  • 箱がオシャレ
  • 残量表示のLEDが青くてカッコいい
  • 最大2.4Aの急速充電
  • 2600円弱と安過ぎる

ココが惜しい

  • 本体は良くも悪くもプラスチッキーな感じ
  • 厚みはそこそこある(カードサイズに収めてあるから厚みは仕方がないけどね)
  • 端子部分はむき出しなので、裸で使ってたら埃とか入り込みそう(付属のポーチ使いましょう)

おわりに

今回初めてANKER製品を購入しましたが、良いですね〜
数日持ち歩いてますが、カバンにモバイルバッテリーが入っている感覚が全くありません。良い意味でモバイル感ゼロですね。

カバンの中をゴソゴソして「あれ?モバイルバッテリーどこ行ったっけ?」となるかもしれません。しかも10000mAhという通常用途には充分過ぎる容量なので、安心感が半端ないです。

小型で軽量で大容量で安くて…というワガママな要望を見事に叶えるモバイルバッテリーをお探しの方、「Anker PowerCore 10000」オススメです!

 

【関連記事】
「もっと薄いモバイルバッテリーが良い!」という人はコチラをどうぞ。
ANKER「Power Core Lite 10000」レビュー!安い・信頼できる薄型モバイルバッテリーと言えばコレ

%name %title

 

\読んでくださりありがとうございます!シェアして頂けると喜びます/
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA