PD対応の急速充電器「Anker PowerPort Atom III(2ポート)」レビュー。充電中の発熱が少ないのが気に入ってる。

僕は日頃、iPad、Macbook Air、iPhoneなど使っていまして、充電の時に専用アダプターを挿したり抜いたりするのが面倒になってきました。

「4〜5口の電源タップにそのまま挿しとけばええやん」って思うかもしれませんが、大きさや形状の違うものがいくつか挿さったまま視界に入るのがあまり好きくありません。

そんな訳で、

  • USB-CとUSB-Aが両方使えること
  • MacBook Air2018純正アダプターより小さい(と良いな)
  • 充電中の発熱が少ない
  • プラグが折りたたみ式であること

みたいな条件で充電器を探していたら「Anker PowerPort Atom III」にたどり着いたわけです。

 

スポンサーリンク

GaNガリウム採用の急速充電器「Anker PowerPort Atom III」

%name %title

この手のガジェットを買う時は「とりあえずアンカーにしとけば大丈夫だろ」みたいな感じで他社製品のリサーチもせず、脳が余計な事を考えるのをやめてしまっています。

というのは半分冗談ですが、今まで同社の製品をいくつか使ってきて、機能・価格・デザインなど、どの面でも満足出来ている故の信頼感があるからこそ。

%name %title

箱から出した本体はこんな感じ。当初はこれより少し安い「Anker PowerPort ll PD」ってのにする予定だったんだけど、 GaN窒化ガリウムとやらを使っている点が気になって「Anker PowerPort Atom III」にしました。

だって、充電中の発熱ヤバくないですか?iPhoneはまだしも、Macbookの充電中とか危険を感じるくらいあっちんちんですよ。そんなこともあって、発熱を抑えた充電器を探していたのですが、どうやらそのGaN窒化ガリウムってのが 従来の素材に比べて発熱が少ないらしいのです。

%name %title

で、またそのGaN窒化ガリウム、 電力の変換効率が良くて本体の小型化に向いてるみたいなんです。けど、意外と普通というか、MacBook Air2018純正アダプターよりやや大きいです。でも僕は全然気になりません。

ちなみにサイズは約68×69×28(mm)です。

%name %title

持ち運ぶ事を考えると、 折りたたみ式のプラグはありがたい。こうじゃなきゃ持ち運びする気失せちゃう(とか言って家で挿しっぱなし)

%name %title

端子が付いている側の様子。1番上の○は、ボタンとかではなくてインジケーターです。その下にUSB-C、USB-A端子と続きます。

%name %title

こんな感じで点灯します。充電中だけ光るのではなく、 コンセントに挿してる間はずっと発光しています。夜寝る時とか電気消すと気になる人がいるかも。

%name %title

PD対応のUSB-C(最大45W出力)はPowerIQ3 USB-A(最大15W出力)はPowerIQ2に対応しています。あまり詳しくないのですが、接続されたデバイスを認識して、そのデバイスに適した最大スピードで充電できる技術のようです。

▼PD、PowerIQに付いて詳しくはこちら▼
最先端の充電規格、USB Power Deliveryとは?
Anker独自の急速充電テクノロジーPowerIQ
(Anker公式HPより)

スポンサーリンク

MacBook Air、iPad miniの純正アダプターと比較

%name %title

左からiPad mini、MacBook Air2018、そしてAnker PowerPort Atom IIIです。冒頭の「MacBook Air2018純正アダプターより小さい」という条件を満たしていませんが、アダプターをいくつも使い分けたり持ち運んだりする事を考えれば、全然OKです。また、Ankerのロゴ以外は 純正ライクなルックスもあってか、非常に気に入っています。

%name %title

重ねてみました。

%name %title

写真にはないですが、旧MacBook Airの純正アダプターとほぼ同じサイズ感でした。

%name %title

厚みはどれも似たり寄ったりですね。

とサラッと書いてるけど、より高性能で似たり寄ったりの厚みに仕上げているAnker PowerPort Atom III、すごいのだなと思ったり。

充電中の発熱は少なめ

実は一番重要視していたりする、充電中の発熱。iPhoneくらいならそんなに気になるレベルでもないんですが、先述した通りMacBookの充電中はヤバい。特に使用しながら充電なんて、怖くて出来たもんじゃありませんでした。

それが、Anker PowerPort Atom IIIにすることによって、 「うわ、熱っっ!!(放っておいたら燃えへん?) から「おぉ、熱いな…」くらいの変化がありました。細かく計測したわけではないので、あくまで僕の体感での話なのですが、良い。良いですね。充電中に電源落としておけば、「ほかほかな充電器」くらいで済んでます。

iPhoneは(SEですけど)、Bluetoothで音楽再生しながら充電してみましたが、充電器が熱くなったりとかはなかったですね。画面・容量ともに大きいであろう最新のiPhoneやらスマホだともう少し違うのかもしれませんが。

充電速度に関してはそこまでこだわりがなく、「なんか早いな」くらいの感想しかなくて申し訳ない。他のもっと詳しい方のレビューの方が参考になると思います。

おわりに

とりあえず、 USB-CとUSB-Aが両方使えて、しかも発熱少なめというだけで満足してます。ついでに早く充電されてる、みたいな。

4000円ちょいしますが、 「充電器の発熱が気になって夜も眠れない!」という人には良いかもしれません(全く熱くならないわけじゃないよ)

 

▼関連記事▼
評判が良いのでANKER(アンカー)のモバイルバッテリー買ってみました。軽い、小型でこれぞ「モバイル」!

%name %title

 

\読んでくださりありがとうございます!シェアして頂けると喜びます/
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA