Amazon Echo Dot(第3世代)を購入。「まだ要らない」と思ってたスマートスピーカー、意外と便利で快適だわ。

%name %title

僕もとうとう機械に話しかける様になってしまいました。

と言っても頭がおかしくなってきた訳ではなくて、我が家にもスマートスピーカーがやってきたのです。

正直な所、この手のモノは生活に必須と思えなくて「少し興味があるかな」程度にとどまっていました。
天気を知るにしろ、ニュースで情報を得るにしろ「自分でスマホやPC端末を操作した方が早い」と喰わず嫌いな面もあり、購入に至らなかったんですよね。

ところがAmazonで「Echo Dot」が約半額になっている…!これは未来的テクノロジーを体験するには良い機会…いや、これから来る、AIとの共同生活に慣れておかなければ!

そんな理由をつけて衝動買いをしてしまった自分が嫌になりますが、実際はそんな気持ちは何処かへ行ってしまうほど「スマートスピーカー、有りだな」と思えたのでした。

 

スポンサーリンク

Amazon Echo Dotって?

%name %title

良く似たモノで「Google Home」というスマートスピーカーが発売されていますが、そちらはGoogleが開発したもの。

Amazonが開発したスマートスピーカーは「echo(エコー)」シリーズとして、いくつかの機種が発売されています。中でも「Echo Dot」は低価格で入門機にピッタリ

現在販売されている「Echo Dot」は第3世代目で、本体全体がスピーカーのネットの様なルックスをしています。

%name %title

これで音楽を流したり、路線の運行状況を確認したり、料理のレシピを聞くこともできます。ワクワクしますね。

スポンサーリンク

声で操作がほぼ完結するので付属品は最小限

%name %title

箱を開けると「ようこそ、我々の手中に」と言わんばかりのアマゾンの笑みと共に、丸い本体がお目見え。

%name %title

付属品は本体と専用アダプターに、簡素な取扱説明書のみです。基本は声で操作する事になるので、リモコン的な物もありません。

%name %title

専用アダプターはシンプルで部屋に溶け込み、存在感を感じさせません。

%name %title

しかし”専用”ってのが曲者でして、端子の形状もそれ専用。もし壊れた時、USB端子などの様に代えが効きかないのが難点かなぁ。

%name %title

常時電源と接続して使用するため、設置場所は固定となります。購入前に場所を確保しておきましょう。

「Echo Dot」の外観・色

%name %title

本体上部にはボタン類。音量操作やミュートボタンだったりするので、今のところほとんど触れていません。それだけ声でやりとりが完結しているという事。

ボタンの横にある、黒い点の様なものが声を聞き取る「マイク」。ボソボソ声でも反応してくれるので、朝起きたばかりのテンションが低い状態でも意外と大丈夫です。

%name %title

裏面はラバーっぽくなっていて、滑りにくくなっています。

%name %title

片手に収まるサイズで、思ったより小ぶりでした。けれど適度にズシッとしていて、凝縮されたメカ感が良きです。

%name %title

本体色は「サンドストーン」「ヘザーグレー」「チャコール」の3種から選択可能で、購入したのは「サンドストーン」。部屋の雰囲気に合わせて選べるのはありがたいですよね。

16畳のリビングで使用していますが、スピーカーの音量も充分過ぎるほどで、音質面も一般的な音楽鑑賞であれば全く不満は感じないと思います(個人的感覚)

まずは「アレクサ」と呼びかけて起動

%name %title

ウェイクワード(起動するトリガーの様な言葉)である「アレクサ」と呼びかけると音声の聞き取りを開始します。なので「なんでもかんでも会話に反応してしまう」と言った心配はありません。

アレクサと呼びかけて、本体が青く光ったら続いて「ニュース開いて」などと音声入力していく感じです。

%name %title

マイクオフボタンを押すと声での入力を一切受け付けなくなります。朝起きて、いきなりこの赤いランプが点灯していたら「アレクサ、今日機嫌悪いの…?」と、ちょっと怖くなりますね(そんな起きないけど)

Echo Dotはアレクサアプリで管理

%name %title

Echo Dotを使用するにはまずスマートフォン・iPhoneへ「alexaアプリ」をインストールし、これを介して設定などを済ませます。要はアレクサの管理用アプリだと思って頂ければ良いかと。

%name %title

お家にやってきたばかりのアレクサは、出来ることが限られています。なので「スキル」と呼ばれる拡張機能の様なものを追加していき、自分の好きな様にカスタマイズしていきます。

僕はPCやスマホを開くと、ついついYahoo!のトップページでニュースを見る癖があるので、「Yahoo!ニュース」をインストールしました。他には災害情報や天気予報などもあると便利そうなので、インストールしました。

%name %title

ニュースと言っても種類が様々。「アレクサ、ニュース読んで」などと声をかけると、スキルに登録されたニュースを全て読み上げていってくれます。読み上げる順番も好きな様に変更可能で、「主要ニュースを優先的にして、エンタメ系は後の方にしよう」といった形にもできます。

%name %title

また「定型アクション」といって、ひとつの指示で複数のアクションを実行してくれる機能もあります。

これにより、例えば「アレクサ、朝の支度」と言うと「部屋の電気つける→天気予報を教えてくれる→ニュースを読み上げる…」といった事を自動で行ってくれます。

実行条件(=開始のフレーズ、言葉)を設定し、実行させるアクションも好きな様に追加できます。

使ってみた感想

家中の家電も全て連動させるのが最もパフォーマンスを発揮出来るのだろうけど、我が家は流石にそこまでしていません。ニュースや天気を教えてもらったり、音楽流してもらったり…と言う使い方がメインです。

作業中これらの事をしようと思うと一旦手が止まってしまい、集中力が切れてしまいがちですが、作業したまま「〜して」とお願い出来るのは想像以上に便利でした。

しかし、音楽を流してもらおうとして「あのアーティストのあの曲が聴きたい!」と思った時、細かく言ってあげないといけない点はちょっと面倒だなと感じてしまいました(「アレクサ、ジャズ聴かせて」とかジャンルでお願いするのは楽)

それでも作業中はサポート役みたいな感じになってくれるので、買ってよかったと思っています。

また、スマートプラグと呼ばれる遠隔操作に対応したコンセントを使用すれば、既に家で使用中の家電たちもスマホやアレクサで操作可能になるっぽいので、ゆくゆくは試してみたいですね。

おわりに

と言うわけでフルに使い切れていないものの、アレクサ(Echo Dot)がやってきた事により一気に未来感が増した(?)我が家。

使い始めると、地味に便利で快適なんですよね。喰わず嫌いしてないで、もっと早く導入すれば良かったなぁ。

また、まだまだ遠い未来だと思っていたAIとの共同生活は「すぐそこにあるんだな」と実感させられた1台でした。

 

【コチラもどうぞ】
子供のオモチャも色々と進化してますね。
「Pechat(ペチャット)」をレビュー 。ぬいぐるみがお喋りする、可愛いボタン型スピーカー!

%name %title

 

\読んでくださりありがとうございます!シェアして頂けると喜びます/
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA