「The TEA BREWER(ティーブリュワー)」レビュー。ポットで淹れたような本格紅茶を手軽に。

先日、 「The TEA BREWER」なるものを使ってみまして。

お湯とカップされ用意すれば、あとは特に道具を必要とせずに本格紅茶が飲めるというアイテムです。

僕のように 「本格的な紅茶飲みたいけど、茶葉を用意したりするのが面倒」みたいな人には良いんじゃないかと思います。超お手軽。

 

スポンサーリンク

「The TEA BREWER」はティーバッグのような手軽さが魅力

%name %title

国際特許を取得している特殊パッケージテクノロジーで、 ティーバッグの様な手軽さでありながらも、ポットと同じ要領で淹れる事が可能なんだとか。

%name %title

こんな感じのパックになってます。通常、ティーバッグに入っている茶葉は細かく粉砕されたものが入っていることが多いのですが、TEA BREWERにはハーブ・茶葉がごろっとそのまま入っています。 持ち運びにも便利なので、キャンプ・アウトドアにも良いかもしれません。

%name %title

味というかフレーバー(?)が何種類もあって、今回は 「EARL GREY(アールグレイ) 「GOOD MORNING QUINCE(グッドモーニングクインス)を購入してみました。

開発元の「THE BREWE COMPANY」のサイトを見てみると、ハーブティー推しな感じではありますが、普通の紅茶やらコーヒーなんかもラインナッップされてて魅かれますねー。コーヒー気になる。

THE BREWE COMPANY ▶︎ https://brewer.jp/

%name %title

注ぎ口はココ。先端のキャップを外して注ぎます。(ここから直接飲む飲むものではない)

%name %title

作り方は簡単で、お湯を400ml注ぐだけ。その後、5〜7分蒸らして完成です。面倒な道具の用意が必要なく、 紅茶を淹れる工程がこのパックひとつで完結するのが◎。

スポンサーリンク

実際に紅茶を淹れてみる

%name %title

ではお湯を入れて作ってみます。1回分の量は400mlで、これを 3回分(=1.2L)楽しむ事が出来ます。氷を入れても良いらしい。

%name %title

お湯を注ぐためにジッパーをオープン。

%name %title

中には茶葉の他に、大きなドライフルーツが見えました。柑橘系の爽やかな香りがふわり。

%name %title

お湯もこのラインまで入れるだけ。何も考えずに出来ちゃう。

%name %title

注ぐ時にお湯がジッパーから漏れたり、パックを倒したりして火傷しないように注意。

%name %title

5〜7分蒸らし中。

%name %title

注ぎます。

%name %title

上手く表現できませんが、深みがあるというか、なんというか(語彙力のなさよ)。フルーティーな風味もあってか、僕は砂糖類を入れなくても美味しく飲めました。400ml×3回、計1.2L分楽しめるわけですが、3回目は結構薄くなってしまう印象です。やっぱり1回目が一番美味い。

おわりに

普通の紅茶、ハーブティー、コーヒー、それぞれ5〜7種類ずつくらいあるので、色んなのを買っておいて気分で味を変えても良いですね。

手軽に本格紅茶を楽しみたい人、お試しくださいませ〜。

 

▼オススメ記事▼
STANLEY(スタンレー)の真空マグをレビュー。ドライブやデスク周りに丁度良いから、毎日一緒。

%name %title

 

\読んでくださりありがとうございます!シェアして頂けると喜びます/
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA