久世福商店「食べる、すき焼き」が美味い!一晩寝かせたすき焼きの味が手軽に味わえる、食べる系調味料。

我が家では「すき焼き」と言えば、正月くらいしか出てこない高級(?)料理。
高級…というか、準備も面倒だったりするし、たまにしか食べないから僕の中ではちょっと「特別」な存在な訳です。

 

そんな「特別」が調味料として味わえるというコチラの商品。 

 

久世福商店 「食べる、すき焼き」

「食べる、だし醤油」というシリーズの1つで、ご飯やお豆腐なんかにチョイとのせるだけで、手軽に味わえる調味料。一度食べ出すと止まらなくなって、つい食べ過ぎてしまう美味さでございました!

 

という訳で今日はそんな「食べる、すき焼き」をサクッとご紹介です。

 

スポンサーリンク

久世福商店の「食べる、すき焼き」

久世福商店様 公式サイトより引用

「久世福商店」って行ったことあります?

置いてある商品パッケージがどれもカッコ良くて、こだわりの美味そうな物ばかり置いてて「お!ちょっと見てみるか」ってなりますよね。高級調味料や、ちょっと変わった調味料を見るのが好きな人にはたまらないお店だと思います。

「カルディー」とか「北野エース」あたりが好きな人はグッと来る…ハズ!?

 

この「食べる、すき焼き」、黒フタに瓶の容器で、ちょっと高級感漂っています。カッコイイ…!

 

「久世福究極の醤油」なんて言われると気になっちゃうよね。地名とか国産とか書かれていると安心。もちろんそこは久世福さんこだわりの逸品なので、食に関する安全面もバッチリでしょう。

 

内容量は130gとなってまして、100g当たり189kcal。一気に食べるわけないし、そう考えると思ったよりカロリー自体は低め(なのか?)です。

味が染み込んだすき焼きの味が手軽に。

封を開けるとみりんとだしの香りがフワっと。色々な旨味が凝縮されてる感。「こんなの絶対ご飯に合うがね!」っていうね。

 

とりあえずご飯に乗せましょう。せっかくなんで、刻みネギをパラパラっと振りかけて彩りを。うほー!
卵黄があると最高だけど、切らしてたので今回は無し…無念っ!

 

いただきます!
…うん、美味いわ。すき焼きの終盤って、具材もしなってきて、味もメッチャ染み込むじゃないですか?あの甘辛さ。
あれに近いものが「即」味わえます。

時折、エノキやネギ、白菜のシャキっとした繊維感もあって、食感も良いですね〜。

箸が止まらない…!

 

もう1つやってみたかったのがこれ、お豆腐に乗せるやつ。豆腐が崩れてしまって絵的に綺麗なのが撮れなくて残念。まぁそんな事は置いといて、これはご飯に乗せるより好きかも!

お豆腐のまろやかさと、「食べる、すき焼き」の甘辛さが絶妙なバランスに!

普段、お豆腐はそこまで積極的に食べないんだけど、これがあればじゃんじゃんイケる。
「米の代わりに豆腐で良いよ!」ってくらい好きかも。

色々な食べ方を考えてみるのも良いね

今回はご飯とお豆腐に載せて食べたんだけど、おにぎりの具として入れても美味しいかも。
あとは…お餅に乗っけてみたりとか?

お手軽で使いやすいので、色々アレンジした食べ方を考えるのも楽しいんじゃないかな!
一度、お試しあれ〜。

ご飯がすすみ過ぎてしまう点に注意!
それではまた!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA