マザーズバッグの定番「anello(アネロ)」の口金入りリュック。大きく開いて荷物の出し入れが楽々!

「あ、またあのリュックだ。」

 

こんにちは。とーちゃんです。

ショッピングなどへ出かけると、必ず一人は背負っている人見かけません?ほぼほぼ女性で、子連れのママさんに多い気がしますね。

そう…「anello(アネロ)」のリュックです。

 

ウチの嫁さんとも「なんであんなに持っている人多いんだろう?」なんて話をよくしますが、別にぱっと見普通のリュックだし。う〜ん。そしたら先日、anelloのリュックが家からポロっと出てきたんです。出てきたっていうのも変ですが、同居しているとーちゃんのオカンがある日「そのカバン持っとるよ。全然使ってないであげるわ」って言うんです。

オカンの事だから「似たようなカバンと勘違いしてるんじゃ… 」と思ってたらホンマに出てきたanelloのリュック。疑ってスマン。と言うわけで、突如譲り受けたanelloのリュックの魅力に迫っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

どのファッションにも溶け込みそうな外観

パッと見は普通のリュックですね。メイン開口部はファスナーでの開閉で、両サイドにポケット、正面にもファスナー付きのポケット、背面にも縦にファスナーが付いています。こちらは直接中に繋がっていて、メインの開口部を開けなくてもカバンの中にアクセス出来るので便利です。ROOTOTE(ルートート)のリュックみたいですね。anelloは持ち手も付いていて、迷彩柄でも無骨さを感じない可愛いデザインです。カモフラ柄って言った方が良いのかな…(笑)

正面ポケットのファスナーの持ち手や、メインの開口部両端に付いている装飾が、さりげなくナチュラルさを演出しています(素材はなんて言って良いのかわからない…)。これがあるのと無いのでは、見た目の雰囲気が全然変わってくると思います。

細かい話、ファスナーはゴールド色なのですが、これがナチュラル系やキレイ目系なコーデ、どちらにもハマってくれるんじゃないかと勝手に思っています。

 

持っているかどうか分からない軽さ

今回手にしているのはポリエステル素材のタイプなのですが、これがまたかなり軽量!何も荷物が入っていない状態だと、持っているのかどうか分からないくらい軽い。比較対象がおかしいですけど、ポーターのリュックとか、カバンそのものが重たいですからね。このanelloの軽さは女性にもオススメです。

 

最大の魅力とも言える口金入り開口部

もうこのシリーズ最大の魅力と言っても過言ではない、口金入りの開口部。要するに、がま口財布みたいなやつですね。実際にこのリュックを触ってみて、ママさん達が皆持っている理由が分かった気がします。ガバっと開け口をキープしてくれるので、荷物の出し入れが非常に楽。

例えば、買い物へ出かけた先の授乳室で、オムツ替え。子供がギャン泣きしていたらパパ・ママにとっては軽い戦場ですよ。子供の相手をしながら荷物をゴソゴソするのって結構大変な時もある。いざ荷物を取ろうと手を伸ばすと、カバンによっちゃあ開口部がヘタ〜と閉じちゃって「あぁぁ!もう!取り出しにくい!」ってなる。うまく表現できないけど、トートバッグとかよくそうなりますよね。そんな時にこの開口部は形がキープされたままだから、スッと荷物の出し入れが出来て良い。中身も見渡しやすいから、ゴソゴソと漁る必要もない。これは助かりますよ。

 

日常使いなら充分過ぎる収納力

公式サイトによると約15Lとの事。カバンの容量で「○○リットル」と言われても私は正直わかり辛いんですが、まぁA4サイズの書類は余裕で入ります。子供関係の書類を持ち歩くのにも◎。子供のおやつや、ご飯類、飲み物、オムツなど、一回のお出かけ分は楽々収納できますよ。着替えは…冬モノだと分厚くてかさばるかも。

 

500mlペットボトルが余裕で入るサイドポケット

正面のポケットは小物入れとして。長財布もなんとか横向きで入ります。サイドポケットがこれまた大きくて、500mlのペットボトルも余裕で入ります。飲み物を取り出すのにいちいちカバンの中開けるもの面倒ですよね。カンケンリュックにもサイドポケットがあったけど、あっちはスマホなどのガジェットやメモ帳入れとしてが限界だった。このサイズだとペットボトルの他に折りたたみ傘も入るので、アウトドア的用途にも良いかもしれない。

カバン内部にもポケットが2つありますが、こっちはメモ帳やペンなどを収納しておくと良いのではないでしょうか。ティッシュやハンカチ、赤ちゃんの携帯用お口拭きなんかを入れても良いと思います。スマホも余裕。

 

肩への負担を軽減する幅広な肩ひも

肩ひもは絶対に幅広のタイプを選んだ方が良いと思う。肩ひもが細いと重みが分散されなくて痛くなるんだよね…。このanelloのリュックもありがたい事に幅広なタイプ。ちょっとペラペラで、頼りない気もしますが細いよりはマシです。

 

もう少し頑張って欲しい点

値段が手頃なので仕方がないですが、所々チープ感が漂います。素材はまぁ良しとして、生地がペラペラで、幅広な肩ひもは嬉しいけれどクッション性は無いに等しい。肩ひもの調整ベルト部分も、雑誌の付録に付いてくるカバンの様で、ちょっと貧弱。

ファスナーの金具も、か細い感じで重厚感が無く頼りない感じが。壊れやすそうです。

最大の魅力と述べた口金部分ですが、もう少ししっかり「バシッ」と開いて欲しいですね。便利な事に変わりは無いけれど、中途半端な開き具合というか。

 

おわりに

ガバッと開く口金入りの開口部、複数のポケットに、幅広な肩ひも。多少のチープ感はありますが、これで5000円以下なら全然良いと思います。いや、良すぎる。皆背負ってる訳だ。

今回はポリエステル生地のタイプに触れましたが、コットンやキャンバス生地などもある様です。個人的にはキャンバス生地が優しい雰囲気出ていて好きだなー。ポリエステルはカラーバリエーションが多く、カラーによって内面の生地の色もそれぞれ異なるので、そこも選ぶポイントになりそう。

見て楽しい、使って楽しい。学生さんからママさんまで、幅広く使える…そんなカバンだと思いました。
それではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA