北欧デザインの「kippis(キッピス) トリートメントワックス」で髪や肌をマルチにケア。

今まで、これと言ったヘアケアやお肌のお手入れをしてきませんでした。しかし、30半ばにもなると流石に髪のパサつきや肌のうるおいが失われている事に、ようやく自覚してきたというか。

かといって、ヘアオイルや肌用のケア用品をそれぞれ用意して…なんてことは、やはり面倒。もうヘアケアも、スタイリングも、肌ケアも、全て同時にやってしまいたい!ということで「kippis(キッピス) トリートメントワックス」を購入してみました。

髪につけて、「あ、手が乾燥してるからそのまま塗ろ」みたいに、どこにでも使えるのが楽ですね。しかも香りも良いということで、お気に入りのアイテムです。

 

スポンサーリンク

髪にも肌にも使える、北欧デザインの「kippis(キッピス)」

%name %title

北欧らしいあたたかさ、色使いを取り入れたデザインの「kippis(キッピス)」。今回購入したのは「爽やかなレモンとリーフの香り」の1種類だけですが、どれも柄で選びたくなるほど可愛いものばかり。デザインを担当しているのは「マリメッコ」など、北欧で活躍されているデザイナーさん達だそうですよ。

%name %title

そう言われると、このパッケージ可愛さも頷けます。北欧デザインって、独特の感じがして(ユルい?)好きですね。

%name %title

手に持ったサイズ感は割とコンパクト。ヘア・ボディ・フェイス・ハンドとマルチに使えるので、例えば旅行時にそれぞれケア用品を持っていかなくても、これ一つあればとりあえずOKという。

スポンサーリンク

体温で溶ける伸びの良いテクスチャー

%name %title

中身はこの様な感じで、40g入りです。「ザ・プロダクト」のように、カチカチに硬いのかなと思っていましたが、こちらは比較的柔らかなテクスチャーとなっています。柑橘系だけど自然な優しい香りで、気分が落ち着きます。

%name %title

柔らかくて爪の間によくワックスが入り込むので、爪の長い人は指の腹を下にして、爪ですくい上げるとキレイにとれます。

%name %title

はじめはバターみたいな半固形ですが、手に取ると体温でスッと溶けはじめてオイルのような質感に。塗った感じは少し「ぬたっ」としていて、保湿されているのを実感します。

うるおいをキープするための保湿成分配合に「シアバター」「オリーブオイル」「アルニカ花エキス」「エルダーフラワーエキス」「ディルエキス」「レモン果実油」の6種が配合されています。

ヘアスタイリングと同時にお肌ケアも

%name %title

ということで使ってみた感じがこちら。セット力はほとんどなくて、素の状態に多少動きが出る&質感が変わるかなという程度。

ちょっとした買い物に行くだけだけど、髪がボサボサのパサパサはちょっと…って時にササっと使ったり、何もスタイリングしていないような感じにしたい時にも活躍しています。それで手に余ったワックスは、そのまま手や顔などに塗って肌の保湿…という使い方もできるので、楽チンor便利ですね。

何より「香り」が気に入っていて、「就寝前に使って癒される」という使い方が多いです。同時に保湿できますしね。

おわりに

乾燥は髪や肌の大敵。さらに、年齢と共にうるおいもなくなっていくので、日頃のケアは大切だなと最近感じています。

いきなり本格的なケアは…という人も、kippisのように色々な所に使えるマルチタイプなら取っ付きやいと思います。僕のようにズボラな方にも良いんじゃないかなと。

店頭で見かけたら、好きな柄や香りで選んでみてください。

▼kippis(キッピス) http://kippis-design.net/

 

▼こちらもどうぞ
あまり造り込まないスタイリングにオススメ。
洗い流せるワックス「ドロップドロシー フンワリシフォン 8」レビュー。ワックスのベタつき・ごわつきが苦手な人にオススメ!

%name %title

 

\読んでくださりありがとうございます!シェアして頂けると喜びます/
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA