軟毛による軟毛にオススメのワックスはこれだ!【個人的頂上決戦】アリミノピースvsロレッタ

ヘアスタイル、今日もキメてますか?

 

こんにちは。軟毛です。とーちゃんです。

僕は毛が細めで柔らかい、いわゆる「軟毛」というやつです。スタイリング剤はワックスを使用していますが、ワックスって油分を含んでいるから、その重みで髪がすぐペシャンとなっちゃうんですよね。かといってジェルで固める様な髪型でもないし、スプレー系も毛穴が心配・缶の廃棄が面倒なので、やっぱり手軽なワックスを使いたい派。

 

大体高校生くらいからですかね、ワックスを使い始めたのって。最初は上手く扱えないわけですよ。つける量もわからんし、いきなり前髪からつけてしまったり。それからかれこれ15年余りでしょうか。近年やっと、軟毛である自分にとって最高と言えるワックスに辿り着きました。

 

『アリミノ ピース フリーズキープWAX』『ロレッタ メイクアップワックス6.5』

今まで色々使ってきたワックスを思い返してみても、やっぱりこの2つのリピート率が圧倒的に多く、それだけ扱いやすいのかなと思っています。今回はこの2つを紹介すると共に、自分の中で最強はどちらなのか決着をつけたいと思います。そして軟毛の方への、ワックス選びの参考になれば。

ではそれぞれみていきましょう。

 

スポンサーリンク

アリミノ ピース フリーズキープWAX

ご存知アリミノ。「スパイス」シリーズは昔からドラッグストアなどにもよく置いてありましたが、最近はこの「ピース」シリーズもよく見かける様になりました。ルービックキューブみたいで可愛いパッケージ。セット力はシリーズ中最高です。「アクアカシスの香り」だそうです。

扱い易さ

いわゆるクリームタイプのワックス。このワックスの何が良いかというと、扱いやすさ。手で伸ばしやすいものありますが、スタイリング後、手に付いたワックスがスッと洗い落ちる。一度体験すると他のワックスが気持ち悪く感じるくらい。朝、時間のない時にも◎。

セット・キープ力

手に付いたワックスがスッと落ちると言いましたが、「そんなのでちゃんとヘアスタイルキープできるの?」と思った方。出来るんです。冒頭でも触れましたが、僕はスプレー嫌いなので、基本ワックスのみでスタイリングします。それでも1日中余裕でキープしてくれます。風で髪が乱れた場合でも、ある程度修正が可能です。

ツヤ感

つける量によって変化する感じで、髪がどの長さになっても大体人差し指に納豆1.5粒くらいの量をつけています。それでなんとなくツヤが出ているかな?くらい。ギラギラとした不自然な光沢は出ませんね。

洗い落とし易さ

抜群に良いです。シャンプーは2回すれば充分かと。

その他

詰め替えだと圧倒的にお得。これ1個分くらい得だと思う。このワックスでちょっと変わってるのが、手で余り伸ばさずに毛先などのポイントでつけると、ややパリッと仕上がるところ。仕上げのシルエット調整にもオススメ。どのワックスもそうですが、髪が伸びてきて毛量が増えると、やや引っかかり気味になります。

 

ロレッタ メイクアップワックス6.5

ファンシーなイラストが可愛いパッケージ。こちらも最近ドラッグストアで見かけますね。残念ながらロレッタの製品はこのメイクアップワックス6.5しか使ったことがありません。シリーズ中では最高のセット力。メンズラインのロレッタデビルはどんな感じなんでしょうか…。

特徴としてはライスワックスコメ胚芽油天然素材を使用している点。優しいローズ系の、まるでコスメ用品的な香りの演出と、紫外線吸収効果などの、髪へのダメージ配慮に一役買っています。

 

扱い易さ

まさかのファイバー系(と言ってもナカノほどではありません)。ファイバー系というとどうしても重くなりがちで、軟毛にはご法度なイメージですが、これはね、軽いんです。そしてファイバーなのにツヤ感控えめで自然な仕上がり。手で伸ばし始めはすごく柔らかく、いかにもファイバー系の感触ですが、しばらくするとマットワックス系のゴワっとした手触りに変化します。普段は手の感触が変化し始めた辺りで髪に塗布しています。

セット・キープ力

ガチガチにはキマりません。あくまで自然な感じの束感。しっかりキープしようと思うと、ドライヤーの段階でしっかり形を作ることです(全てのワックスに言えますが)。そうすれば余程の強風が吹かない限りは1日持ってくれるかな、という感じ。一時期ソフトモヒカンにしていた時期があり、朝から夕方くらいまではトサカをキープしてくれました。一応再セットもし易い部類かと。

ツヤ感

先ほども触れましたが、ツヤは控えめ。マットワックス系の一歩手前というか。ラフな感じにもってこいです。ベースとしてロレッタを使い、毛先のシルエット調整は他のワックスを使うのも良いかもしれません。

洗い落とし易さ

水分を含ませるとややヌメッと感じるものの、比較的スッキリと落ちてくれます。アリミノ同様、2回シャンプーすれば充分でしょう。

その他

以前は「株式会社モルトベーネ(左側)」でしたが、現行品は「株式会社ビューティーエクスペリエンス(右側)」となっています。社名変更とのこと。

お値段は容量の割に2000円(税抜き)と、ちとお高め。安めの所だと1600円前後で入手可能でしょうか。髪にはやさしいですが、お財布にはやさしくない…。

両者ワックスの仕上がりを比較

 

ロレッタ

アリミノ

光の反射で比較もクソもなくなってしまった…。写真ではほぼ違いは分からない。実際つけているとアリミノの方がややツヤ感ありに感じます。髪を触った感じもアリミノの方がベタッとするかもしれません。

 

軟毛の僕が使ったことのあるその他のワックスたち

さてここで少し余談ですが、軟毛の僕が今まで使ってきて「中々良かったな」と思えるワックス達をご紹介しておきます。簡単に感想を書いておくので、購入時の参考になれば幸いです。

デザインキューブ(緑) ホールドワックス

クリームタイプで伸ばし易い。軟毛でも思いっきり束感の出せる文句のないセット・キープ力だけれど、髪に引っかかって扱いにくかった。ツヤ感は結構あった記憶が。しばらく愛用していました。

デザインキューブ(黄緑) エアルーズワックス

スタイリング剤を何もつけていない様な、自然な感じに仕上げたいならアリ。結構好きです。髪を立ち上げ続けるのは難しいので、流れる様な感じや自然な束感に◎。よってベリーショートにはあまり向いてないと思います。

デザインキューブ(灰色) ドライワックス

よく軟毛にオススメされるこのワックスですが、個人的には扱い辛いです(僕が下手なだけ)。確かに質感はドライで軽いのですが、どちらかというと「バサバサっ」とした無造作感で、束感がしっかりと出るタイプではない様に思います。ヘアスタイルが乱れた際の修正もし難いです。

デューサー6

マットワックス系。結構油っぽいです。まさしく粘土の様で、手についたワックスを洗い落とすのがとにかく大変。しかしセット力は超優秀。「なんでもこい」って感じ。シャンプーをしっかりしないと、気持ち悪さが残ります。洗い落としが良かったら間違いなくこれが最高なんだけどなぁ。

デューサー5

こちらはクリームタイプ。何度も修正の容易なセット・キープ力は素晴らしいです。でも素早くスタイリングしないと髪に引っかかり始めるので、少し扱いにくい。1年くらい愛用してました。

ナカノ(6番) ウルトラスーパーハード

ファイバー系ワックスと言えばナカノ。恐らく初めて買ったサロン向けワックス。むかーし自分の髪質も考えずに購入し「良いワックス買ったのになんでペシャンコになるんだ!」とスタイリングに苦戦した記憶が。やっぱり自分の髪質にこのワックスは重たい。あえてボリュームを抑えたい時、たまに使います。

アリミノピースワックス ハード(チョコ)

「フリーズキープではハード過ぎる」という方はこちらも試してみてはどうでしょう。メッチャ伸びが良くて、髪が重くなってきてもスタイリングしやすい。ただ、手のワックスを落とす時に「ヌルっ」と感が残るのが苦手。キープ力はそこそこ。

 

レビュー記事
「アリミノピースワックス ハード(チョコ)」 伸びの良い抜群の扱いやすさと、自然なツヤ感が魅力なハードワックス。

ウェーボ ジュカーラ ヘアカスタ10

ワックスとは少し違いますが、クリーム寄りの変わったスタイリング剤。あのウェーボのスタイリング剤なので性能は申し分なし。伸びが良く、髪への塗布のし易さは最高に良いです。素早くセットできて、質感も軽めなので軟毛さんにもオススメしたい一品。

 

レビュー記事
Uevo(ウェーボ) 「ジュカーラ ヘアカスタ10」レビュー。とろ〜り不思議なスタイリング剤。軟毛でもしっかり毛束をホールド。

 

──その他色々試してますが、印象に残ったのはこれくらいでしょうか。あくまで僕の個人的な意見ですので、個々の好みや髪質によって最適なワックスは変わります。色々試して楽しみましょう。

 

スタイリングの仕方について

僕はプロの美容師でもなんでもないですが、素人なりにワックスをつけるコツを。若い頃は上手くスタイリングが出来ず、雑誌を読み漁った記憶があります。そこで身につけたのは、

  • ワックスをつけすぎない(ショートなら人差し指でチョイっとすくう程度)
  • ワックスはしっかり手で伸ばしてから塗布する(指と指の間にもしっかり伸ばす←重要)
  • ブローの段階である程度の形は造っておく(これが出来ていないと、どんなワックス使っても効果発揮できず)
  • 髪に塗布する順番は、後ろ→サイド・トップ→前(前髪は手に残ったワックスで充分。いきなり前から行くと悲惨な前髪に仕上がる)

経験上、ただでさえワックスの重みに弱い軟毛は上記に気をつけると随分マシに仕上がると思います。

 

さぁ、果たして軟毛に最強のワックスはどっちだ

随分話が逸れましたが『アリミノ ピース フリーズキープWAX』『ロレッタ ヘアメイクアップワックス6.5』、軟毛に最強(最適)なワックス果たしてどちらか…

 

んんー、『アリミノ ピース フリーズキープWAX』!

 

もう「どちらも最強」と言いたいけれど、扱い易さ・キープ力・洗い落ちのよさ等で僅かにアリミノの方が有利でした。ツヤ感というか、仕上がりの質感はロレッタの方が好みなんですけどね。

ということで、今のところ『アリミノ ピース フリーズキープWAX』が自分の中でNo.1でした。

おわりに

本文中でも述べましたが、個々の好みや髪質によって最適なワックスは違います。最近のワックスはパッケージも凝っていて、見ているだけでも楽しいですし、コレクションしつつ色々なワックスを試してみましょう。それではまた!

 

【次にご紹介するのは…】
洗い落とし簡単、軟毛でも絡みにくい。扱いやすさバツグンのマット系ワックス。
「スパイキーグリークス マット30」レビュー!扱いやすく洗い落ちも良い。 軟毛の僕には最強のマット系ワックス。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA